« 津軽長寿温泉(つがるちょうじゅおんせん)@弘前市 | トップページ | 雲谷温泉(もやおんせん)@青森市 »

国吉温泉(くによしおんせん)@弘前市

なんと、昨日入浴したのに、今朝(2004.1.26)火事で半焼してしまったらしいです。しばらく休業することになるでしょう。弘前市...なのですが、飛び地といって、岩木町を超えて西目屋村の隣にあります。せっかく道も広くなって行きやすくなったと思ったのに...。学生の頃からお気に入りの温泉だっただけに残念です(T_T)

小さな川沿いの佇まい。鄙び系でいい味が出ている内観。ロビーの赤い絨毯、数々の調度品...昔は豪華な温泉旅館だったろう面影が、サウダージひしひしな感じでグーです。

浴室は、寒い日は湯気で奥まで見えなくなるくらいの、かなりの広さ。なのに、カランは20箇所くらいと少なめ。それだけに、お隣との距離も悠々で、あずましい〜。...のですが、カランのいくつかは壊れて使用できなくなっていて、出具合もそれぞれ微妙。しかし、源泉使用は大満足。石けんの泡立ちは控えめです。王道のケロリン桶が、嬉しい(*^_^*)

お風呂は内湯が1つ。百人風呂と銘打っているだけあって、大きい!中は2つに仕切られていますが、温度差はあまりないみたい。広いので、視覚的には地味なオーバーフローですが、掛け流しと思われます。(写真、湯気がすごくてワケがわかりませんが、せっかく撮ったので載せておきます。やっぱり夏じゃないと撮影は厳しいね〜。また来ようね〜。って言ってたのに...)

そして、ここの目玉が、立派な2体の狛犬。この狛犬の口からドバドバと豪快にお湯が吹き出ています。実は私、この湯口の下に潜り込んで、打たせ湯する(してもらう?)のが密かな楽しみ。かなりの圧で、おもわず狛犬さんに手を合わせてしまいます。

お湯は、薄黄緑色がかってるものの、ほとんど無色透明。茶色い湯花が漂ってます。あんなに何回も通ってて気づかなかったけど、なんとアブラ臭が!もしかしたら、温度調節のために加水して薄まってる日があるのかもしれませんが、今回は寒い日だったせいか(加水してないようで)はっきり香ってました。肌触りは、柔らかいけど、きゅるっとした感じ。浴後は、上がりたては"ぐお〜っ"とくるものの、しばらくすると"す〜っ"と引いてゆく...後腐れのない感じです。

学生時代、国吉温泉の帰りにピアスがないことに気づいて(どこで落としたかは不明だった)、問い合わせたことがありました。そしたら、脱衣所で見つかったという電話をくれて、次に行くまできちんと保管していてくれたんです。あきらめてただけに、ビックリしました。あんな小さなもの、よく見つけてくれたな〜。隅々きちんとお掃除している証拠ですよね。その他にも、ここで忘れ物しても、見つけてとっていてくれる...という話、耳にしたことがあります。

昨日は温泉同好会メンバーのカチョーもご一緒。御所温泉にするか、国吉にするか...。で、カチョーはいつも行ってるのにもかかわらず、なんとなく国吉に決まったんですよね〜。しばらく入れないと思うと、行っておいてヨカッタ...と思う反面、もし入浴中の火事だったら...やっぱりスッポンポンでも逃げるだろうな...とか考えると、ちょっとコワイ。

実は私、今回、脱衣所の洗面にあったガラスのコップを割ってしまったんです。受付のおじいちゃんに謝りに行くと「どうも〜」と逆にお礼を言われてしまった(^_^;) さらに、行く途中で交通事故現場を目撃し、帰りにも別の交通事故現場と遭遇...。不吉なことの前兆だったのでしょうか...。火事でけが人が一人もなかったのは幸い。あの受付のおじいちゃんも無事だと知って安心。ロビーにある大きなTVも焼けちゃったのかな...もったいない。とにかく、早く復旧されますように...。

::::: 温泉データ :::::
値段:300円
泉質:ナトリウム−塩化物泉(食塩泉、弱アルカリ性高張性高温泉)
温度:61度C
効能:リウマチ、創傷、慢性皮膚病、慢性婦人病...
浴槽:内湯
住所:青森県青森県弘前市大字黒土字山下37-1
電話:0172-86-2005
時間:6:00〜22:00
駐車場:余裕
ドライヤー:有り(無料)、持ち込み利用も可
カラン:適温湯と水の2個・シャワー有・鏡有
アメニティー:無し
休憩所:有り

入浴:2004年1月26日
お気に入り度:★★★☆☆

« 津軽長寿温泉(つがるちょうじゅおんせん)@弘前市 | トップページ | 雲谷温泉(もやおんせん)@青森市 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

国吉温泉に関する個人的なエピソードです。
かなり前になりますがアブちゃんと一緒に行って脱衣所で服を脱ぎ始め着替えなど取り出したとき、なんと女物の下着が出てくるではありませんか!
洗面具を間違えたことに気がつき、あわてて隠して受付のおばちゃんの処に行って事情を話し、なにも気づかずお風呂に入ろうとしていたアブちゃんを呼んできてもらって交換することが出来ました。
危うく国吉温泉にて変態の汚名をかぶるところでしたよ(^_^;)
それ以来、うち等が行くたびにおばちゃんの目が笑ってるような感じがするのは、気のせいでしょうかね...

確かに、あせりますね〜(^_^;) でも、受付がおじいちゃんだった場合は... 女湯との境で叫ばなきゃいけなかったカモ?!おばちゃんでヨカッタですねぇ。

国吉での忘れ物といえば、当時まだ茨城に住んでいた課長が弘前に遊びに来てたときに行った時、
入り終わって弘前に戻ってきてご飯食べてる時に「メガネが無い」の課長の発言
国吉に取りに帰るとメガネがレジにテープで貼り付けてあった記憶があります
国吉はやく直るといいですね

そうだ、めがねテープだ(*^m^*)
おぼろげだった他の忘れ物の話って、その話です!思い出してスッキリしました。 Thanks !!
カチョー大のお気に入りの温泉だっただけに、さぞ寂しかろうに... 何げに前日入浴できたのも、カチョーのおかげでした。ホント早く復活してほしいなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6441/140992

この記事へのトラックバック一覧です: 国吉温泉(くによしおんせん)@弘前市:

« 津軽長寿温泉(つがるちょうじゅおんせん)@弘前市 | トップページ | 雲谷温泉(もやおんせん)@青森市 »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

AD