« 本日のスープカレーのスープ by 大泉 洋 | トップページ | なまこ格闘記 »

大鰐温泉:国民宿舎おおわに山荘(おおわにさんそう)@大鰐町

SKIの帰りは必ずと言っていいほど温泉に立ち寄る…。何年かぶりに大鰐へ出かけて、これまた久しぶりのファンスキー(ここんところカービング ばかりだった)、おまけに、滑り出しは大鰐隋一のキツさという神沢バーンも(転がって)降りて…身体中バキバキ…。やっぱり普段使わない筋肉を酷使したからには、十分にほぐさないとね…(^_^;)

せっかくだから、まだ行ったことのない大鰐温泉駅前の新しい温泉「鰐 COME」へ!と思って寄ったら…駐車場満杯で断念…。待てば入れたかもしれないけど、混雑した温泉はちょっと…。で、大鰐 SKI帰りの定番、おおわに山荘へこれまた久しぶりに寄りました。

脱衣所から階段を下りて浴室へ。岩を基調とした高低差のある浴室。小さめの上段の浴槽のスロープから、大きな下段の浴槽へ、お湯が流れています。十○年前の若かりし時、 他に入浴客がいない のをいいことに、このスロープを滑り台に…ウォータースライダー気分♪…やったコトがあります…A ̄▽ ̄;)フキフキ

今回は、もう大人だし(?)、おとなしく入浴…。カルシウムー硫酸塩泉(旧泉質名:石膏泉)は、シワのばしの湯といわれてる(皮膚の弾力性を回復&引き締め効果がある)そうな…。ここのお湯って、たしかそれ系だったはず…と、顔にもピシャピシャ浸透させてみる…(無駄な努力かもしれないけど…)

無職透明無臭で若干熱め。クセがないのでついつい長湯してしまう…ので、いつものぼせちゃうんですが、ガッときつつ入浴後はすーっとひいてゆく…、後腐れのないサッパリした感じのお湯です。

広い浴室のわりに、カランが少ないので、混雑時には、湯船の湯利用で身体を流すパターンがここでは普通。

昔はたくぼんお気に入りの温泉だったのですが、今回、男湯の脱衣所は、お掃除が行き届いていなかったようで、「う〜ん…」と寂しそうに唸っておりました。

鰐 COMEは500円でしょ、おおわに山荘はリーズナブルな200円…。鰐 COMEは循環でしょ、おおわに山荘は循環ではないと思うのですがどうでしょう…。露天があるかないか…新しいか否か…の違いだけなのかな…。確かめるためにも鰐 COME行ってみたいけど、たくぼんは「だったら新屋か新岡の方がいい」もしくは「古遠部か日景まで足を伸ばす」って言いそう…(^_^;)

::::: 温泉データ :::::
値段:200円
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物-硫酸塩泉
温度:75度C
浴槽:内湯2(別途料金にて家族風呂も利用可らしい)
住所:青森県南津軽郡大鰐町大字大鰐字出張所11-59
電話:0172-48-2205
時間:6:00〜21:00
駐車場:たっぷり(無料)
ドライヤー:有(10円/3分)
カラン:9カ所 シャワー・鏡無(シャワー専用ブース2)
アメニティー:なし
休憩所:有

入浴:2005年3月13日
お気に入り度:★★☆☆☆

« 本日のスープカレーのスープ by 大泉 洋 | トップページ | なまこ格闘記 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

おおわに山荘の温泉で滑り台ですか!(爆)
想像するだけでもニヤリ!(笑)

「いつか滑ってやるっ!」と虎視眈々とその機会をうかがって通っておりました…。人がいなかったとはいえ、お恥ずかしい… 若気の至りってヤツです(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6441/3402192

この記事へのトラックバック一覧です: 大鰐温泉:国民宿舎おおわに山荘(おおわにさんそう)@大鰐町:

« 本日のスープカレーのスープ by 大泉 洋 | トップページ | なまこ格闘記 »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

AD