« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

ポカリの雲

pocari

takubonがいきなり「ねぇ!上見て!上!」と叫ぶので、何事かと北側の空を見たら、“POCARI SWEAT”の文字が...WOW!

え〜!ビックリ!あのCMの雲、てっきりCGだと思ってたのに!あわててビデオとカメラを用意する。そうこうしてるうちに今度は南側の空にも!あ”〜、描いてる瞬間を見逃してしまった(T▽T)

サイトでフライトスケジュールをチェックしたところ、この後弘前らしい。
..takubonはtaibonさんにTEL...

taibonさんのブログ

咲いたよ!

チビのひまわりが咲きました!!!

himawari

間引いて植え替えた方も、若干小さめながら咲いてくれました。嬉しい(*^_^*)

でもちょっと、葉の色が悪い…。実は…

8月を迎えたら、なんだか急に元気がなくなって…。萎れて、枯れ気味になってしまった…。ナゼ?ナゼ?病気かな?害虫かな?どうしよう…薬とか栄養剤とか殺虫剤とか、使わなきゃダメかな?農薬はイヤだな…木酢液でもあげてみようか…ねぇ、キミはどうして欲しい?何が必要なの?どうすればいいの?……

…で、ハッと気付いた…。あれ?もしかしてお水?足りてない?

今年は冷夏かしら…と思うほど、7月は雨ばっか&全然気温が上がらなかったのに、8月に入ってこの暑さ…。控えめに水やりしていたその調子で8月を迎えて、夏バテ(?)させてしまったよう…。「暑いな〜、チビがいたら室温管理にかかりっきりの夏になっただろうな…。」な〜んて考えながら、去年の夏、チビがはじめて見せた野良寝姿や、水を飲む仕草(ちっちゃい舌がかわいかったなぁ…)を思い出し…「あれ?」っと…(^_^;)

ゴメンよ〜。そうだよね〜、こんなに暑いんだもん、キミ(ひまわり)だってたっぷり水分補給しないとしんどいよね…。

もうダメか…と思ったけど、朝だけだった水やりを朝夕2回たっぷりとあげること2週間。どうにか持ち直して、花を咲かせてくれました。

ひまわりよ、ダメオーナーでゴメンよ。
咲いてくれてアリガトウ。

そして、チビにも感謝。
咲いたねぇ、咲いたよ、嬉しいねぇ。種ができたらはむきちにもお裾分けしようね。

花火

ねぶたの海上運行&花火が始まりました。(始まりの合図の花火の音が聞こえた…)
海上運行はさすがに見えないけど、花火は家からわりと見えるんだな…。と、ビールを用意して窓辺へ。

hanabi1

お〜!まぁ〜〜〜!キレイ〜〜!

なんか、去年より色がカラフル!
青、緑、黄色、白、黄、オレンジ、赤、ピンク、パープル…
鮮やかだわ〜〜

そして、形もバリエーションが増えてる!
犬?ネコ?もしかして風太くん?
たんぽぽ?ひまわり?あ、ハート形!
ちょうちょ?リボン?天使のはね?
いや〜ん、かわいい〜〜〜

半分ずつ色がくっきり違うヤツ、モダンね〜〜
大きいのと小さいののコンビネーション系もGOOD !
華やかだわぁ〜〜〜

会場からちょっと離れているので、音にディレイがかかっている&控えめなのも、いとをかし…。BGMは、エリスの「VIVE」。…お祭りだからね…(^_^;) しばし、堪能…


花火の写真って、難しい…
hanabi2


これは土星っぽいヤツ…
hanabi4

去年からのマイブーム(?)土星。今頃カッシーニはどのへんにいるのかな…ホイヘンスのデータ解析はいつごろ終わるのかしら…などど思いを巡らしてみたりする…


これはアサガオかな?
hanabi3


13th Montreux Jazz Festival / Elis Regina

もう、こんなに暑い日は、仕事もしたくない。窓の外からシャンシャン鈴の音も聞こえる(ねぶたに向かうハネトの方達の音色。あぁ、もうすぐ夏も終わる…)。もう暗くなったし、ビールも解禁にしよう。で、今日は終わり。それなら…と、カチョーから教えてもらってGETした"とっておき"、エリス・ヘジーナ の「Montreux Jazz Festival」をかける。

elisなが〜いイントロ。これからエリスが出てくる期待と高揚感に満ちあふれた会場の空気が伝わってくる… それだけで、ワクワク度は最高潮(その場にいない&CDなのに)…あぁ…シビれてしまう…さぁさ、エリスに酔わされる前に、ビールを用意しよう。1曲目はエリスが出てくるまで5分近くあるのです………よ〜し、準備OK………。

…そしてエリス登場!鳥肌が…(暑い日にはもってこいだ…)。…あースゴイわ…かっちょええ…ていうか、やっぱ凄いわ…あぁ………

…………と、そのまま聞き入ってしまったので、以下、日をあらためての記述。

時々「メルシー」と聴衆に声をかけるエリスが、so cute!
7.corcovado と 8.Garota De Ipanema、9.Asa Branca は、HERMETO PASCOAL とのデュオ(アンコール?この日、1stセットがエルメートで、2ndセットがエリスだったらしい。)。おなじみのコルコバードとイパネマも、こんな風に…という驚きもさることながら、緊張感&二人の掛け合い(戦い?)、そして、それぞれのパフォーマンスがものスゴイ…のに、それが絡み合って…。もう、鼻血出そう…( ̄‥ ̄)

これをかけると、何もできなくなる。具釘付けになってしまうから。車でかけて聞き入ってしまって、「これはアブナイ!」と自覚した時から、日常生活に支障をきたすモノとして普段は封印しているCD。聞きたいけど、金縛り覚悟…私にとっては危険なアルバム…でも、ここ数日、巷はお祭りだから、解禁 (^_^;)

始めてエリスの声を耳にしたのは、10年くらい(以上?)前…takubonの部屋でだった。「えりすれじーな、ってしってる?なに?!しらない?!う〜ん…あのだなぁ…アレっていうか…ソレっていうか…いや、コレがい〜んだ。じゃまぁきいてみなよ。」と、ケーハクな先輩のコメントとは裏腹に、流れ出たエリスの声に、ものすごい衝撃というか、感動というか…。部屋に不釣り合いな大きなスピーカから流れた出てきたエリスの空気に圧倒されてしまった。全身に鳥肌がぞわーっと…。その当時はかなり偏ったジャンルばかり聴いていたので、目の前のモヤがパーッと晴れる感じがして…雷に撃たれる感じ…感動して震えるってことってあるんだな〜と、その時はじめて思いました。エリスの声に「私の耳に入ってきてくれてアリガトウ…」と、思わずにいられなかった…。それから、エリス、MPB、ブラジルの音楽、そしてボサノバにハマっていったのでした…。

このモントルーを聞くと、あの10年前の、始めてエリスの声を耳にしたときの衝撃が蘇る…。カチョーThanks!そして、カチョーにモントルーエリスを紹介したらしいshowちゃんにも感謝。(あれ?ちがったっけ?>カチョー)

何よりエリスを教えてくれていた(&量子論、量子力学、宇宙、0と1の世界…etc×χ…文系の私には遠かった違う世界を身近に感じさせてくれた(る))takuobn に感謝…する気持ちを…思い出させてくれる、モントルーエリスは私にとって大切なアイテムとなっています。だから、なおさら、たまにしか聴かない方がいいのカモ…しれない。なんて…(^_^;)

(現在amazonは在庫無しですがdiskunionで購入できるようです。)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

AD