« チャーリーとチョコレート工場 | トップページ | 桜あれこれ »

皇帝ペンギン

ドキュメンタリーだいすき。そしてペンギンだいすき。なのに、途中で飽きてしまった…

動物ものドキュメンタリーだけど…ナレーションではなくて、セリフが語られ物語が進む…男・女(雄・雌)、父・母・子役の台詞…にちょっと違和感。普段はアニミズムどっぷりな私なのに、なんでかなー、なんとなく不自然な感じがして、映像に集中できなかった。フランス語の響きはキライじゃないのだけれど…。あと、BGMが…好みの問題だと思うのですが…なんか合っていない感じがして、これまた気になって仕方がなかった。

ただ、映像は素晴しい。ところどころ画質(粒子?)が粗いシーンがあるのが気になったけど、それは最初のウチだけ。瞬間、瞬間、「おーっ」と思わず声が出るような、画、ペンギンの姿、自然。

旭山動物園で生ペンギンを見た時の興奮をふと思い出した。毛並み(羽毛)もはっきりわかるくらい、すぐ目の前にいるペンギンたち(うわー、やっぱり鳥なんだー!と、感心しっぱなしだった)。トンネル水槽で見た、目の前をビュンビュン泳ぐペンギンの姿(水の中ではものすごく素早い!泳ぐ軌跡を写す気泡がとってもキレイ!)。やっぱり、実物にはかなわないよね…でも、南極(に限らず、自然の)ありのままの姿を見ることは、映像でしかかなわない。

だから、なおさら、台詞とBGMが…サムく感じてしまって…。コウテイペンギンの生き様そのものがドラマチックなのだから、演出せずにそのまま見せてくれればいいのに…。

それに、ドキュメンタリーという割には、様々な背景が見えてこないのも、物足りなさのひとつだったかも。今、南極ではオゾンホールが大きくなってるでしょ?その害・影響はどうなんだろう…etc…次々わき上がる疑問…台詞による演出よりも、もっとつっこんだ内容が盛り込んであったら…。作品として見ることのできる1時間半は、撮影時間8880時間のうちのごく一部。カットされた8879時間分の映像が気になる。

たぶん、ドキュメンタリーを期待してたからこその不満なんだろうな…。「ペンギン親子の愛の『物語』」として見ていたらこんなに不満を感じなかったかもしれない…。

アメリカ版では、ペンギン一家のセリフは全てカット。ナレーション(モーガン・フリーマン)による解説に変更されているのだとか…。そのバージョンが見てみたい…
皇帝ペンギン プレミアム・エディション

« チャーリーとチョコレート工場 | トップページ | 桜あれこれ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6441/9955428

この記事へのトラックバック一覧です: 皇帝ペンギン:

« チャーリーとチョコレート工場 | トップページ | 桜あれこれ »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

AD