« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

弘大Jazz研30周年記念コンサート@弘前駅前市民ホール

9/16・17と、2日間にわたって行われた記念ライブの2日目に、OBバンドのひとつとして参加させていただきました。今から、13年前…一緒に学生時代を過ごした仲間達・17期のメンバーと、同じ時期にjazz研に在籍していた先輩・後輩を交えた7人。「17th + α」という、17期部長のchi-chanの呼びかけで結成された企画バンド。

各地に散らばっているメンバーが確実に全員集合できるのは、当日のみ…。…前日の夕方、参加できるメンバーで青森市内で1時間半ほど音合わせ。yamanaka-sanは横浜から、zane-chinは北海道のてっぺんから2日がかりで青森入り。お二人とも遠路はるばるこの日のためによく来てくれました。

夜はpsychoも参加しての決起(?)集会。一気に学生時代に戻ってしまったひととき。enonは急遽来れなくなったよう…残念。でも、なんだかんだ言って、今年は17期のメンバーほとんどに会うことができた。sab-chanのおかげ(結婚式)でkobayasi-syonenにも会えたしねー。変わってなかったよねー。izumi-chanには先々月会ったよ!みんなにヨロシクって。zane-chinが、kumi-chan に電話…わー、kumi-chan、久しぶりー!みんなで代わる代わる携帯に…「みんなと話してると電話だけでも学生に戻った気分」と。うんうん、そうだよね(^_^) …楽しいと、時間があっという間に過ぎる…
1_32_4

.....

翌朝。弘前へ。
昨晩は若かりし頃のペースになってしまったようで…飲み過ぎた…(~_~;) 頭痛を抱えながら、11:30リハーサル。kachoとはここで初合わせ。ちょっとクセのある進行の曲なのに予定になかった当日いきなりの別注文。すまんが本番もヨロシクm(_ _)m

zane-chin、あの小さい手から、よくこんな音が…ブランクを感じさせないプレイに安心する。超多忙の日々&移動距離のハンデもなんのその…さすがです。

3_44_3

14:00 開演。
この日のために、準備と練習を重ねてきた現役の皆さん(気合い入ってるし、みんなよくまとまってる!)…に比べ、当日集まった寄せ集めメンバーの私たちが、ホントに出ちゃっていいのかな?(前日のOBバンドは、shoko-san,kohe-san,matsui-sanという憧れの先輩達…もうひとつのOBバンドが、私たちでいいのか!?)と不安をいだきつつも、半分開き直って迎えたステージ…

セットリスト(備忘録)
1.I Don't know what time it was
(Trio:zane-chin p, sab-chan b , chi-chan Ds)
2.Moonlight serenade
(1+kacho g, pon vo)
3.All blues
(Bass Duo〜Quartet:sab-chan b , kubo-yan b, yamanaka-san ts, chi-chan Ds)
4. Manteca
(yamanaka-san ts, zane-chin p, kubo-yan b , chi-chan Ds, sab-chan opening shout)

バンドリーダー、Ds、chi-chan。この日が近づくにつれ「眠れない&食事が喉を通らない」と言っていたほど。本番直前もかなり緊張していた様子。…2児の母…現役の時みたいに、練習に時間を割けない分、イメージトレーニングに徹していたという…思いっきりドラムを叩くのは久しぶり…と言っていましたが、ステージに上がったら、さすが母というか小学校の先生オーラで軽快なトーク&丁寧なドラミング。

yamanaka-san、頼りになる先輩。本番中のこのカメラ目線、さすが余裕です。バリバリのブロウで華を添えていただきました。

5_36_3

初共演の二人、ベースDuo。二人の個性のコントラストが面白かった。

8_27

(自分の出来はともかく…)ものすごぉ〜〜〜く、楽しかった。です。このメンバーの演奏が聴けること、何よりこのメンバーと一緒の時間を過ごせることそのものが嬉しくて!
そして、共演できる喜びがふつふつと…現役時代は宴会部員だったので、今こうやって、一緒にプレイできるなんて、ホントに奇跡に近い…。ここ最近、taikiさんやkachoのバンドに誘っていただいて、みなさんに鍛えていただいたおかげですm(_ _)m

30周年という記念ステージの貴重な時間をいただけたこと、現役の皆さんにも感謝m(_ _)m

10_2
↑現役のみなさんと…

17期にお付き合いいただいたYamanaka-san、kacho、お二方にも感謝感謝です。

ha-chan(mi-chan & momo-san)アリガト。koshiro もアリガト!koshiroにもらった言葉、めちゃめちゃ嬉しかったヨ。

zane-chin、お疲れ!機会を作って、また、一緒に演りたいなぁ…

そして、この出演を決意して、連絡・調整...etc と奔走したchi-chan、ほんとーにお疲れ様でした&アリガトー!(これでゆっくり眠れるね(^_-))psychoもありがとねー!理解あるchi-chanの旦那さまken-sanにも感謝です!

それぞれ、結婚したり、子どもができたり、責任あるポストについてお仕事が超多忙だったり、体力が落ちていたり(汗)…状況はあのころと全く違うのに、顔を合わせると一気に学生の頃に戻ってしまう。今度、みんなに会えるのはいつかな…

12_111_2
↑左:打ち上げ。UNIONにて。taiki さんと。この空間(union)も学生時代にタイムスリップさせられてしまう…
右:今回のメンバーで。(多忙なyamanaka-sanは、コンサート終了後帰途へ。明日から海外へ…お忙しい中、ありがとうございました。お気を付けて!)

このメンバーと、同じ学生時代を過ごせてほんとにヨカッタ。

2日間でコンサートの入場者数は200人以上!だったとか。
全バンドのライブレポートは、UNIONのHPで…

定禅寺ストリートジャズフェスティバルin仙台

9/9、仙台の台定禅寺ストリートジャズフェスティバルに行ってきました。今年は630バンドも出演したらしい…

1_2
行きのSAにて。みんなまだ余裕の表情…

前夜祭前夜祭

打ち上げができないので、前夜祭…到着してすぐ国分町へ繰り出す…(^_^;)

一夜明けて、出演当日。仙台橋本ビル前。
まわりのバンド、出演ひとつ前のバンド(プロだった…)の巧さ&観客の多さにビビる…緊張を通り越して放心状態でスタート…(^_^;)

1曲目「三月の雨」がめちゃめちゃ速くて、チョー焦る。速い上にどんどん速くなる…え〜いっ、このまま突っ走ってしまえ〜〜〜…崩壊せずにやり終えたのが不思議だ…1曲目にして、ノックアウト…。カチョウにMC頼まれてたのに、頭ん中が真っ白になってしまって気の利いた言葉が出てこなかった…(~_~;)

4_1
「My Funny Valentine」熱唱中のmisa。misaはどの曲も今までの練習より、本番が一番よかった。特に「Felicidade」の出だし「Tristeza não tem fim〜♪」のmisaの声が好き。

5_2
「Travessia」中。キュートなaiちゃん。aiちゃんの声は、聞いていてとても気持ちがイイ。カメラマンの数が凄かったなぁ…TVカメラもいた(夕方のニュースで流れたらしい)

6_2
オーディエンスのみなさん…。(この中にある人のお母さまがいらっしゃいます)

8_1
ホーン陣。
naoくん(Tb)のおばあさまが応援しにきてくれてました。器量よし、性格よし、礼儀正しいnaoくん、自慢のお孫さんですね。

9_1
aiちゃんの後ろ、Gリーダー・カチョウ、Bのmayu。

10_1
福島からはるばる駆けつけてくれたsekineっち&さっちゃん。

セットリスト(備忘録)
 Auas De Marco(p)
 My Funny Valentine(m)
 Felicidade(m)
 Corrida de Jangada(p)
 Travessia(a)
 Voce E Eu(m)
 Dindi(p)
 Close to You(a)
 Day by Day(a)

仙台在住の先輩katsumiさんも、聞いていてくれたらしい。終わった後、少しお話しさせていただいた。私の出来はかな〜〜〜り悪かった(今までで最悪だな…封印したい…)が、aiちゃん&misaのおかげ(というか、カチョーのおかげ)でどうにかまとまってはいたようだ…。お世辞でも、大先輩から「ヨカッタよ」と言ってもらえて嬉しかった。katsumiさんにも言われたが、もっと外(弘前やjazz研 以外)でも演奏する機会を持つべきなんだよなぁ…厳しい環境に身を置くのも成長する糧か…もっと楽しめるように、楽しむために、上手くなりたい…(>_<)

12
そして、katsumiさんのバンドを聞きに、思い出像前へ。ものすごい人の数!ステージに近づけない…

11_1
「My Favorite Things」演奏中。さすがです♪
ボーカルの方が、昼間、橋本ビル前でjazzではないオリジナルを歌っていた方だった。jazzもステキ。っていうか 上手だぁ〜。あんなふうに自在にフェイクできたら、気持ちいいだろうなぁ〜

もっといろんなバンドを聞いて回りたかったけど、搬入&セッティング&片づけとバタバタしてしまうのもある上に、緊張して出番が終わるまでそれどころじゃなかった。

帰りの高速は、へコんだ私を殴るような勢いの激しい雷雨だった<(_ _)>
演奏中に降らなくてヨカッタけど…。今回は(いや毎回か…)反省点の多いライブだったな…。次に繋げよう…

あ、ひとつ、自分を褒めてあげたいコト…。仙台までの車の運転。自己最長の運転距離だった。400km弱ですが…。帰りは途中のSAでたまたま合流したmomoさん&mi-chanのお心遣いで、弘前手前まで、代わりに運転してもらっちゃいました。

この場を借りて…
ボーヤしてくれたacと、ドラムを貸してくれたchi-chan、帰りの運転代わってくれたmomoさん&mi-chan、そして聞いてくれた方達に感謝!んで、カチョー、お疲れ様でしたm(_ _)m

あー、今週末は30周年記念ライブだ…

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

AD