« リアルな夢2 | トップページ | 旅の記録:函館朝市海鮮丼2 »

想い出づくりの宿 飛天(夢窓庵)@函館 湯の川温泉

外来入浴不可ですが、一応温泉の備忘録に...
湯の川温泉の 「想い出づくりの宿 飛天」内、「夢窓庵」にtakubonご一家と宿泊。

専用ロビー「夢窓庵」は、「湯元啄木亭」の別亭である「飛天」の、これまた別亭扱いのフロア(11・12階部分)。よーするに(要してないか...)飛天内のエグゼクティブフロア...という位置づけらしい。全室に展望風呂を完備、大正ロマン香る専用ロビーでチェックイン、まずお抹茶のおもてなしをうけるところからも、特別感がぷんぷんカモしでている。

お部屋も広くて豪華...豪華といっても華美ではなく、しっとり落ち着いた雰囲気で、好感が持てました。食事もゆっくり部屋食で、なかなか美味しかった。

「夢窓庵」の宿泊客には、岩盤浴(女性のみ)やフットマッサージ、お風呂上がりの生ビール(男性のみ)といったサービスもありました。で、岩盤浴初体験!専用の浴衣をまとっていざ!!砂時計がおいてあって、5分腹這い・10分仰向け・5分休憩を3セット。出てくる汗がサラサラで、ちょっと不思議。サウナが苦手なワタシでもなんとか大丈夫でした。確かにスッキリするかも...慣れれば病みつきになりそうではありました。(でも、濃い〜温泉に浸かる方がいいな...と、あらためて思ったりして(^_^;))

大浴場大浴場は、最上階の13階。露天風呂からの眺望が素晴らしい。夜景&漁り火と、女湯では、目の前の函館空港の滑走路&離着陸する飛行機を眺めながら、湯に浸かることができます。

ただ、温泉(この施設の泉質)は、これといって特徴がないお湯...しっかり塩素臭(循環なら安心の証...でもある)。お湯を愛でるより、眺望や雰囲気を楽しむところですね。(脱衣所に「加水・加温・循環ろ過」とちゃんと掲示がありました)

あまり期待していなかったのですが、部屋についている展望風呂が、ものすごくヨカッタ。結構大きくて、窓を開放すれば露天気分。桧の香りがただよう中、遠くに五稜郭タワーも望める函館の夜景、そして漁り火を眺めながらの入浴...。湯に浸かりながら、この眺望を独り占め...泉質は関係なくなっちゃうくらい、とても気持ちのいいものでした。(大浴場に備え付けのアメニティーより、上質のなものがおいてあるも嬉しい)。夜景もよかったけど、朝風呂もチョーきもちよかったぁ。展望風呂が、トレビア〜ン♪な宿でした。

※部屋はよかったんだケドなぁ…連泊したら「???」なトコロが…食事&スタッフの対応がね…

客室展望風呂客室展望風呂

::::: 温泉データ :::::
値段:外来入浴不可
源泉:湯川温泉(鮫川井)
泉質:カルシウム・ナトリウム・塩化物泉(中性等張性高温泉)
温度:66.0度C
浴槽:内湯2(大浴槽・中浴槽)・露天1/展望風呂@客室
住所:函館市湯川町1丁目17-2
電話:0138-59-3556
時間:----
駐車場:----
ドライヤー:あり
カラン:たくさん
アメニティー:シャンプー・リンス・ボディソープ・石けん・化粧水・乳液・綿棒...etc
休憩所:有(浴室前にあるラウンジからの眺望も素晴らしかった)

入浴:2006年10月上旬
お気に入り度:★★☆☆☆

« リアルな夢2 | トップページ | 旅の記録:函館朝市海鮮丼2 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6441/12214527

この記事へのトラックバック一覧です: 想い出づくりの宿 飛天(夢窓庵)@函館 湯の川温泉:

« リアルな夢2 | トップページ | 旅の記録:函館朝市海鮮丼2 »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

AD