« 旅の記録:出会った人・モノ@函館 | トップページ | 無題 »

読書の秋

takubonは割と読書家(の部類に入ると思う)。ジャンルが幅広い。お陰で、ついつい偏ってしまいがちな嗜好を広げて、いろいろ読む機会を得ることができる。ちなみに、そのtakubonの一番のお気に入りは、ギャビン・ライアルの『深夜プラス1』(原題「Midnight Plus One」)だそうだ。彼は、台詞をそらんじてしまうほど、読み込んでいる。何度読み返しても、面白いそう…。もう、表紙もはずれかかって、バラバラになりそうな1冊。私は2度ほど通読してるけど、そんなに夢中になれなかった。今読めば、印象違うかな…と思って、本棚をあさってみる…

で、探しても×2無い。takubonに探してもらったら…目にとまったらしい村上春樹。全作ひっぱりだしてきてテーブルに積み上げた。「コレ、読むから、ココに置いておいて」と言う。

あれ〜懐かしい。

takubon「ponはどれが好き?」
pon「『蛍』
takubon「え?!そうなの?おいらは鼠シリーズだなぁ。『1973年のピンボール』が一番好きかな…」

-------------------------------

はじめての作品は『ノルウェイの森 』(^_^;) 中学生の時だったかな…。でも、その後、takubonの書棚にあった短編集に収められている『蛍』を読んで、ビックリしたんだっけ…

今日、お昼を食べながら、ついつい、テーブルに積み上げられている中から、1冊、読んでしまった、デビュー作『風の歌を聴け』。で、何度か読んでるはずなのに、今日、はじめて気がついた。ヴォネガットに似てる…って。

takubonが『深夜プラス1」を何度も読み返すように、私はヴォネガット。ヴォネガット作品は(文庫で出ているモノ)は、全て所持している。(って、いうか、takubonが好きだった影響で、読み始めたんだけど…。結婚してみたら、CD同様ダブっているのが結構あった…)特に『スローターハウス5』は、何度も何度も読んでいる。

何度も読み返している別々の作品が、微妙につながってしまった感動というか、何で今まで気がつかなかったのか不思議…というか、なんというか…妙な興奮につつまれる。

そういうものだ。

最近映画化されて、あちこちで話題になっている『ブラック・ダリア』も、ついでに引っ張り出してみた。これも大学生の時、読んだなー。恐かった…。J.エルロイの、暗黒のロスシリーズ。でもシリーズ最後の、『ホワイト・ジャズ』は、完読していない。どうにも読み進めにくくって。いつも途中で断念してしまう。今回こそは…と思って、テーブルに積み上げておいたのでした(^_^;)

あ、ロス・マクドナルドの『さむけ』『ウィチャリー家の女』も積んどこ。

« 旅の記録:出会った人・モノ@函館 | トップページ | 無題 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

nanaさんもヴォネガット好きらしいですよ!
私は読んだことないんですが・・・・。
春樹は私には向いていないみたいです。
『さむけ』はある意味アメリカのファミリー幻想に対するカウンターなのかな、と思う時もあります。
現代アメリカ文学、翻訳家柴田元幸の活躍もあって非常に気になるんですが、どうも読み進めない(笑)。
今はドン・デリーロという人が気になるんですが・・・・図書館でつい他のものを借りてしまいます。
全然関係ないのですがSFで一番のオススメは何と言っても『星を継ぐもの』です!
読んだことありますか?
失礼します。

『星を継ぐもの』でガンダムを思い浮かべてしまいました(^_^;)
読んだことないなぁ…と思ってアマゾンで調べてみたら、アレ???見覚えのある表紙…takubonの「おすすめ(面白いから読め!)リスト」に挙がってたカモ。これを機に触手を伸ばしてみまーす(^_-)☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6441/12336186

この記事へのトラックバック一覧です: 読書の秋:

« 旅の記録:出会った人・モノ@函館 | トップページ | 無題 »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

AD