« 旅の記録:函館山 | トップページ | 読書の秋 »

旅の記録:出会った人・モノ@函館

人力車

人力車五島軒からレイモンハウスに至る道で、夜景情報ほか耳より情報を教えてくれた、人力車のお兄さん。と、言っても、私たちは乗ってないのですが(^_^;)

このお兄さんったら、おはなし上手でねぇ、流暢な観光名所の口上についつい聞き耳を立て、ついついイロイロ質問してしまいました。乗ってらした方も、イヤな顔ひとつせず、ご談笑いただきまして、ありがとうございましたm(_ _)m

しかし、あの坂道を人力車引っ張って、お客さんを退屈させないように談笑して、ってスゴイな〜〜。若くないとできないわね。立ち居振る舞いも端正なイケメンさんでした。

この人力車、6年前の函館観光の時には見かけなかった気がするのですが…今回は金森倉庫でも人力車軍団を見かけました(石原軍団も見かけました(笑)。なんでも「マグロ」というドラマのロケだったようです。金森倉庫に「石原プロモーション」の車両がびっちり路駐してました。人だかりもびっちり(笑))。優雅に人力車で観光もいいかも〜。

------------------------------------------------------------

マンホールのふた
さすが観光都市。マンホールの蓋もこんなにカラフルで、かわいらしい(ちなみに青森市のマンホールはねぶた。この図柄もなかなかのものだけど、ここまでカラフルじゃないんだな。)ひらがなで「お・す・い」と記してあると、なんとなくカワイイというか、汚れたイメージがわかないのが不思議 (*^m^*)
マンホールいかマンホール

------------------------------------------------------------

金森倉庫群のチャペル

Mono4観光名所のなかに、どど〜んとチャペルがあって、ビックリした。(一応、ぐるりと高い煉瓦塀で囲われている&立派な鉄門があるので、式がある時は隔離できる構造になっているみたい。見せ物になってしまう心配はなさそう)
やっぱレンガって雰囲気ある〜。純白のドレスで、ライス&フラワーシャワーの中、この階段を降りてくる…って、ステキかも〜♪でも、函館なら、聖マリア教会で挙式〜五島軒で披露宴が横道かな…と思ったりして。聖マリア教会で式を挙げると、クリスマスにCardが届くらしい…。私たちが式を挙げたレストランは、今はもうないので、そういうの(想い出の場所がいつまでもある&思い出させてくれる&訪れることができる)って、いいな…と、思ってしまいます。

------------------------------------------------------------

日本最古のコンクリート電柱

たまたま通りかかったところにありました。ちゃんと現役ってところがスゴイ。この近くに、昆布の問屋さんの小売り用ショップがあります。そこで呼び込みされて、いただいた「梅昆布茶」、美味しかった。メインの商品は、函館とその周辺の海でとれるでこぼこした昆布「がごめ昆布」らしい。抗がん作用や血圧降下作用があるとかいう昆布です。私は買いませんでしたが、食にこだわりのあるtakubon母&妹は、買い込んでました。問屋さんだけあって、モノはいいみたい&お土産屋さんで買うよりは安いのかも。
電柱電柱看板

------------------------------------------------------------

白樺の雫

Mono7函館山ロープウェーの売店で購入。白樺樹液を100%使用したドリンクです。なにかで紹介されてて、飲んでみたいと思っていたのを発見&即購入!白樺の樹液は、アイヌの人たちに古くから健康飲料として親しまれてきたとか。スポーツドリンクと同様、体に吸収されやすいミネラルを豊富に含んだ水だそう。

で、味はというと...口に含むと、まず、ほのか〜な甘さ、そして、その後に鼻腔に抜ける樹の香りというか独特の風味が...野性味あふれる...ほどまでいかないが、ちょっと苦手かも(^_^;) 慣れれば美味しいのかな??

« 旅の記録:函館山 | トップページ | 読書の秋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

nanaさんが出張先の京都で見た人力車のお兄さんもイケメンだったと言ってましたよ♪
確か小倉千加子が『結婚の条件』という本で言ってたと思うんですが、男性もすでにルックスで商品価値が決められる時代に入っているんですよね。
しかし、どう考えてもあの仕事は人間の馬力をオーバーしていると思うのですが。
考えるだに大変ですよね。
と言いつつ私も一度は乗ってみたいかな。
失礼します。

■オラシオさん
人力車、一度は乗ってみたいですよねー。でも、乗ったら乗ったで、なんか心苦しくって、後ろから押してしまいそうだな…なんて思ったりして…って、小市民です(^_^;)
時代の変化とともに基準は変化してるんでしょうが、男性に限らず「美しさ」は価値のひとつなんですよねー。もちろんそれは容姿に限ったことではないのですが(^_-)☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6441/12281986

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の記録:出会った人・モノ@函館:

« 旅の記録:函館山 | トップページ | 読書の秋 »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

AD