« 2007年1月 | トップページ | 2007年4月 »

冬山2

前回に引き続き「八甲田の雪崩」に関すること

↓の記事にある図を見て、ちょっと、思ったこと…

陸奥新報:前触れなくのみ込む/八甲田雪崩事故

以下、一素人がなんとなく思ったこと、というか、ぐるぐる妄想してしまったことを、徒然なるままに…

現場近くにいて、いち早く救助にあたったという、オーストラリア人のツアーグループ(ガイドはアメリカ人)。全員がスキーパトロール隊員。雪山救助のプロフェッショナルである彼らが近くにいて、本当によかった。彼らがいなければ、被害はもっと拡大していたと思う。

でもね、↑の記事の図を見て、豪チームは、この雪崩に巻き込まれたツアーグループの上方(つまり雪崩発生ポイントの上の濃霧の中)にいたってことじゃないかしら…雪崩の発生要因のひとつは、もしかしたら、この人たちが上にいたから…もあるんじゃないかしら…などと、思ってしまったんです。

八甲田には、酸ヶ湯の他にもガイドツアーがあるそうですが、所属とかは違っても、ガイド同士はみなさんよく知った仲だとか。だから、どのパーティーがどこを滑っているか、大体は把握しているし、コースがかぶっている場合は「ちょっとここで休憩にしましょう」と、前を行くパーティーのすぐ上は滑走しないように十二分に注意する…という話しを聞いたことがあります。

豪チームと米ガイドさんの一行は、もしかしたら…

・急に天候が悪化し、急いで降りたかった
・濃霧で下方の状況が把握できなかった

という、状況もあるでしょうが、

・ガイドが地元民ではなかった
・地元ガイド同士ではできていた、パーティー同士の
 暗黙の了解がうまくはかれてなかった
(ローカルルールがわかっていなかった可能性)

と、いうことも、もしかしたら、要因として挙げられるんじゃないかな…と、思ってしまったりして…。

いや、彼らがいなくても雪崩は発生したかもしれないし、実際、彼らがいなかったら、救助はもっと時間がかかって、被害が拡大していたことは確かでしょう。

ただ、マスコミが好きそうな美談ネタにもかかわらず、あまり露出していない(取り上げられていない)のは、いくらヒーローでも、もしかしたら一要因であるかも知れないから、取り上げることができない、あえて触れない…ようにしてるんじゃないか…と、勘繰ってしまいました。

あと、気になったのが…

東奥日報2月15日(木)に掲載されていた、三浦雄一郎氏の話。Web東奥にはないので、以下引用します。
---------------------
「ウィンドパックか」
青森市出身のプロスキーヤー三浦雄一郎さんの話

現場は東北特有の強い東風が雪に吹き付けることで雪の表面だけが硬く内部がスカスカの「ウィンドパック」という状態になり、その上をスキーヤーが横切ることによって表層雪崩が起きたのだろう。
---------------------
(※強調アンダーラインは、私がつけたものです)

ウィンドパックは、こっちでは「もなか」と言われる状態です。
この三浦雄一郎さんのコメントを読み返し、やっぱり…って、思っちゃったりして…。

けど、こういう状況(濃霧・急な天候の変化等)じゃ、誰が悪いとか言うべきものじゃないのかもしれない。誰がどこにいてもおかしくない…。もしかしたら、立場が逆だったかもしれない。

今回のケースが、私のこの妄想通りとは、決して限らないけど…だけど…

冬山に入る以上は、意図せずとも、被害者にも加害者にもなる可能性がある…そういう覚悟をしなくちゃいけない…。だから基本的には誰も責められないのかも…って、思いました。

↓こういう風に思ってる人、たくさんいると思うんだよね…
------------------------------
八甲田山雪崩事故。「無名・無償の働き」にも注目を! 17日09時47分
八甲田山の雪崩の報道を見ていて、いささか気になった部分がある。遭難したのは24人、死者2人、負傷者8人の事故となったのだが、この負傷者の救出に力のあったオーストラリアの民間山岳救助団体の8人についての報道があまりにも少ないのだ…
 …中略…
ジャーナリズムは、その面を忘れてはならない。原因究明も重要であろう。責任追及も大切だ。しかし、その事件や事故の隠れた部分をキチンと報道することもその職務ではないだろうか。八甲田山の雪崩事故の報道を見ていてそのことを痛切に思っている。犠牲者が2人で留まったことへの報道の視点が欠けてしまったのだ。犠牲者の人数が多ければ、大事件である。しかし、もし、この事故が犠牲者ゼロで全員が救出された事故であったとしたら、扱いはどうなったであろうか。美談として、オーストラリア人の救出協力が報道されたであろうか?


------------------------------

私は、もし、この事故が犠牲者ゼロで全員が救出されたんだったら、美談として、オーストラリア人の救出協力がもっと大々的に報道されてるんじゃないかな…と思う。


冬山

今シーズンはまだ1度もスキーに行ってない。UNIONのスキーツアー前に、足慣らししておかなきゃ…ということで、今日はtakubonと二人で八甲田にスキーに行く予定だった。

朝一でロープウェーに乗るつもりでいそいそと早起き。朝の天候(里)は、曇りながらも穏やかな感じだった。行けるかな…と思ったけど、どんより重い空。山はかなりガスティーかもな…と、ちょっと躊躇しつつtakubonを起こしたら、風邪っぽい…というので、今日はやめにした。

taibonさんからのメールで、八甲田の雪崩を知った。

里では昼ごろから風が強くなってきたけど、朝のあの時点では、こんなに荒れるとは考えもしなかった。

takubonの体調が悪くなかったら、出発してた…。10時まではロープウェーも運行していたらしいから、行ってたら登ってた…。行ったとしても、雪崩のあったコースに行くことはなかっただろう。いつも通りダイレクトorフォレストコース滑走だったろうけど…考えるととても怖い。

なんという、惨事。

今日この惨事が、ガイドの方達のこれからの人生に、深く重い影を刻んでしまった。なにより、亡くなられた方達とそのご家族の、これからの人生を変えてしまった。

今日この惨事に居合わせてしまった方々を思うと、心が痛む。
亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りいたします。

----------------------
後述:
今「報道ステーション」を見て思ったこと。
報道する人は、事実・真実を正確に伝えて欲しい。
雲谷ゲート横の雪を手にとって、云々…。違うと思う。レポートしていたゲート付近と、そのちょっと上、さらに酸ヶ湯付近とでは、積雪量も雪質も天候もぜんぜん違う。あのレポートは無責任だと思う。ガイドの方達の責任追及は免れないだろう…けど、知りたいのは、なぜこのような惨事に至ってしまったのか、その事実関係なのだ。明らかになっている事実関係だけを装飾せずきちんと伝えて欲しい。

----------------------
後後述:
先月下旬(1/27)、八甲田に至る国道103号線、萱野付近で猛吹雪のため40台の車両が立ち往生した。実はその車中にtakubonもいた。渋滞で止まったほんのちょっとの間に雪で囲まれ、道もなくなり、外に出て状況を確認しようにも、視界は3m、あまりの猛吹雪に息も出来ないほど…だったそう。

■Web東奥・ニュース:八甲田で猛吹雪 40台立ち往生
■Web東奥・ニュース:時季外れのヤマセ原因/立ち往生

立ち往生した路線バスの運転手さんは「雪で立ち往生なんて初めて」と語ったと言う。今季、雪が異常なほど少なく穏やかな日が多い。かと思えば、この立ち往生のように、いつもより激しく厳しい状況が突発的に発生したり…。温暖化の影響なのか、今までの経験では推し量ることができないことが発生しているような気がする。怖い。

シナプスな感じで…

今日、ちょっとだけ、嬉しいことがあった。

---------------

"シナプス間の神経伝達物質" がちゃんとしていないが故に、なかなかうまく事が運ばない時がある。

シナプス前細胞(人はそれをクライアントとも言う)〜シナプス間の神経伝達物質(人はそれを代理店と言ったりする)〜シナプス後細胞(現場とか言ったりする)

ちゃんと機能しない神経伝達物質を介していたのにも関わらず、スバラシイ成果をあげることができた。

ちょっとだけ…じゃ、ないな…すご〜くウレシイ。
書きながら、喜びがふつふつと湧いてきた。
あぁ、よかった。報われた。
シナプス前細胞さんの力になれてウレシイ。

---------------

たまに出会ってしまう、仕事のできない神経伝達物質。やる気がない、やる気を削ぐ、中間搾取そのもの。そういうトコロとは、お付き合いしないようにしているのだけれど、どうしてもこなさなくてはいけない時もある。

まじめに、コツコツ努力してきた シナプス前細胞さん のこれまでの道のり。世間に評価されるキッカケづくりを、ちょっとだけでもお手伝いすることができて、光栄です。

シナプス前細胞の意図することをくみ取って、プラスαで応えることのできる成熟したスパインを持つシナプス後細胞であり続けたいと思う。

ベートーヴェンとシャガール「アレコ」

昨年の話になりますが…青森県立美術館のコンサートにchi-chanに誘われて、行ってきました。一緒に行く予定だったお友達が急に行けなくなってしまったそう。弘大の浅野先生が、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全32曲を10回にわたり連続演奏するコンサートの7回目。アレコに囲まれて、ピアノ鑑賞。なんて贅沢!

興味はあったものの、全公演パスを買うほど熱心でもなく、1日券もなかなか手に入らないらしい…という噂を聞いて、なんとなく無精していたのでした。それが、まさにタナボタ!chi-chanに「行く行く!」と二つ返事で、ご一緒させてもらったのでした。

どの幕をバックに演奏するのかな…第3幕だったらいいな…と、ちょっと思っていたら、第3幕が背景でした!ほかの3つは、これからも目にすることができるけど、フィラデルフィアに帰ってしまう第3幕を正面に、たっぷり堪能することができきるなんて、ラッキー☆(しかも、アレコ全4幕が揃った状態でのコンサートはこの7回目まで。8〜10回は3幕となる。)

そして開演…

【プログラム】
 第24番 嬰ヘ長調 作品78〈テレーゼ〉
 第16番 ト長調 作品31-1
 第17番 ニ短調 作品31-2〈テンペスト〉

最初に流れてきたのは♪Happy Birthday〜ソナチネ〜♪
あれ?プログラムと違う…
と、思ったら、浅野先生の粋な計らい、本日は ベートーヴェンの誕生日とのこと。(※洗礼を受けたのが1770年12月17日であることしかわかっていないので、12月16日ごろが誕生日だろう…と言われている)。たまたま来た今日がベートーヴェンのお誕生日とは…なんか嬉しい。しかし、聞き慣れたHappy Birthdayもソナチネも、浅野先生の手にかかると、まぁなんて華やか♪

クラシックは普段あまり聴かないのですが…「あー、ピアノって、弦楽器だったっけー」としみじみ感じたひとときでした。音に幅があるというか…なんというか…時には一粒一粒、時には津波のように、遠くで、耳元で…ひとつの楽器から出てる音と思えないような、色とりどりの音…ピアノってこんなに表情豊かに鳴るんだーって、ゾクっとした。

音を聞くためのホールじゃないので、完璧な空間ではないんだろうけど、響きが独特。倍音もよく聞こえました。アレコホールの高〜い天井に向かって、音が昇華してゆく様が目に見える…ような感じ。アレコのオーラもあるのか、なんともいえない空気感でした。

ピアノのコンサートは、1992年(だったかな…?)のチェルカスキー以来…(^_^;)
浅野先生の手から紡がれる音とアレコをたっぷり堪能した一夜でした。いやぁ〜ホント贅沢な時間だった。chi-chan、誘ってくれてありがとー!!

谷山浩子ソロ・ライブ@アスパム

谷山浩子ソロ・ライブ@アスパムに行ってきました。

開演前、後ろに座っている男性二人組の会話が耳に入ってきた。今回のライブは無料。どうやら、たまたま通りかかって、時間があるから寄ってみた方たちのよう。

男性A「谷山浩子って、有名な人なの?」
男性B「有名?…でも、ないかな…。」
男性A「そうなんだ。」
男性B「有名っていうより、有能なヒト…ってかんじ。」

…って。確かに。
私の場合は、takubonの数少ないカラオケ・レパートリーの中に「てんぷら☆さんらいず」「お早うございますの帽子屋さん」があって…takubonの歌で谷山浩子さんの存在を知った。

谷山浩子ベスト 白と黒…いや、作品自体は、たくさん知っていた。こどもの頃聞いた "みんなのうた" やCMソング、今でも覚えている…と、いうか、ふとしたときに口ずさんでしまう、気がつくと頭の中で鳴っている曲の数々。知らぬ間に(!)私の脳に深く刻まれていたメロディーの多くが、実は谷山浩子作品だと大人になってからわかってビックリしたのでした。

ステージに現れた谷山浩子さんを見て、思わず「わぁーホンモノだぁー」とつぶやいてしまった(^_^;)

SET LIST
 1. 銀河通信
= MC =
 2. 星より遠い
= MC =
 3. 恋するニワトリ
 4. まっくら森の歌
= MC =
 5. 竜
 6. テルーの唄
= MC =
 7.カントリーガール
=アンコール =
 ねこの森には帰れない
 
よかった〜♪楽しかった(^o^)
「恋するニワトリ」…"みんなの歌"の中で一番好きな曲。ここ数日ず〜っと脳内リフレインしていたのが、今生で鳴っている!と思った瞬間、鳥肌っちゃった。(♪ひとりでたまごを生みました♪ってトコがせつない(>_<)…でも、コレ歌ってるとtakubonが「無精卵かよ!」って、必ずツッコミを入れてくる…(^_^;))
あと「竜」もよかったな〜。歌いながらピアノであんなに巧みにダイナミクスが付けられるなんて、すごい。「カントリーガール」もよかった。詞の情景が映画のように目に浮かんで、思わずうるっときちゃった。takubonも来れたらよかったのに…。

印象的だったのは、言葉の響き。「かきくけこ」とか「が」とかが、すっごく柔らかいの。心地良かった。普段は英語やポ語の歌ばかり聴いているけど、こういうのを聞くと、やっぱり日本語の歌(詩)もいいな…と、しみじみ思う。

リクエスト聞いてくれるかな?と、ちょっと期待してたけど、ファンとは限らない&谷山浩子を知らない人もいるかもしれない客層では、リクエストは聞けないよね、やっぱり(^_^;)
でも、もし、リクエストを聞いてくれるチャンスがあったら、何にしよう…と考えていた。「ドッペル玄関」?…こんなにお子様が多い状況で "♪ラララ すてきなホスト〜♪" はマズイかな…やっぱり「てんぷら☆さんらいず」かな…「GO GO マリオ」も聞いてみたいかも(笑)。…なんて。

もっといっぱい聞きたかった。けど、無料だし…贅沢は言えない…今度はぜひ「猫森集会」で、来青していただきたいですっ!!!

あ、県立美術館のアレコホールで聴いてみたいな…。「ベートーヴェン ピアノソナタ32曲連続演奏」企画の次は、ベートーヴェン つながりってことで『谷山浩子の「テルーと猫とベートーヴェン」アレコホールライブ!』とか…いいと思うんだけどなぁ…

« 2007年1月 | トップページ | 2007年4月 »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

AD