« 冬山2 | トップページ | エステ体験 »

冬山3

前回、前々回に引き続き…「八甲田の雪崩」に関することです。

------------------------
前々エントリー:冬山
前エントリー:冬山2
------------------------

前エントリー「冬山2」で、つらつらと記述したことが、あながち妄想でなかったのかもしれない…。
つまり、斜面上方にいたであろう人たち(救助にあたったという米国人ガイドおよび豪州ツアー一行)が、もしかしたら、雪崩のきっかけだったかもしれない…ということ。(あくまでも「かもしれない」のですが…)

3/5、青森県・県警・青森市がそろって、八甲田山雪崩救助の米国人ガイド サイモン氏および豪州ツアー一行を表彰したと知って、さらに、原因がはっきり報道されることがないまま、3/17にツアーが再開したことも、しっくりこなくて、なんか喉にささってる魚の小骨みたいに気になって仕方がなかった。

で、いろいろググってたら…

まさに、あの雪崩に巻き込まれた方のブログに行き着いてしまった。
あの雪崩で、旦那様が亡くなってしまった方の。

もう、胸が痛すぎて、なかなか読み進められなかった…。
ぶつけようのない感情のかたまりがこみあげきて…
他人の自分がそうなのだから、当事者である方達は、いったいどれほどの苦しみの中にいるのだろう…

その方は、自分は当事者であるから、ということもことわった上で、
さらに、「誰かを責めるため」に書いたものではない。と、しっかり明記した上で、
その時の状況を記述されています。

↓こちらのエントリーから
http://blogs.yahoo.co.jp/gearyroad78/29632705.html
ページ下部 [ 次の記事へ ]で順に読み進めるのがよいかと思います。

「雪山では加害者にも被害者にもなる可能性がある」
「同じ悲劇を繰り返さないためにも原因を知りたい」
と思っていた私ですが…

あらためて、報道のいい加減さに、憤りを感じずにいられませんでした。(ニュースや新聞記事って、鵜呑みにしちゃいけない。とは、思っていたけど、ほんとにひどい…。)

そして…
パートナーを突然の形で失われて、ほんとにお辛い中で、ブログにアップされたこと、その勇断に敬意を表さずにいられません。亡くなられたご主人様のご冥福をただお祈り致します。

« 冬山2 | トップページ | エステ体験 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6441/14623152

この記事へのトラックバック一覧です: 冬山3:

« 冬山2 | トップページ | エステ体験 »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

AD