« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »

エステ体験

先月のこと、akiちゃんがもらったというエステ優待券を「興味があったら…」とのお言葉に甘えて譲っていただいちゃいました。エステ、今まで行ってみたいな〜と思ってたけど、なかなかキッカケがなくって…。通常2万円以上するコースが、1050円で体験できるということで、初エステ(ラ・パルレ)にチャレンジです(^_^)v

お天気もいいし、自転車で出発!街路樹の桜のつぼみもすっかりふっくら、もうちょっとで咲きそう♪

ウキウキ&わくわくで、サロンに到着。まず、カウンセリング。体調や病薬歴・アレルギーの有無など確認。問診の結果、下半身を重点的に攻める「セルライトDXコース」になりました…

施術前に、全身のサイズ測定。きっちり見せつけられる&自覚させられると…ショック(^_^;)

まず、全身ラップに包まれて体を温めてからトリートメント。あったかくてチョーきもちいい〜。その後、吸引されながらゴリゴリもみほぐされる感じの「セルライトバスター」なるものを施術される。これが、最初は痛かった…のに、ほぐれてくるとこれまたきもちよくて〜。ここで急に汗がどぱどぱ出てきてビックリ。急に体の代謝が良くなったというか、詰まっていたものがとれた感じ。仕上げは、低・中・高周波のトリプルパワーで有酸素運動と筋肉強化。しばらく身を委ねてると、確かに脈がウォーキングの時に近い状態まであがってる感じになって、汗がダバダバ。今までこんなに出たことないくらい、汗だぶだぶになりました。寝てるだけで運動になるのかな?と、ちょっと疑問だったのですが、きいてそう…

施術後シャワーをあびて、再測定。
結果は…

ウエスト、ヒップ、太もも、足首、合計で15cm減!

お〜!!!

フィットネスに通おうかな(このサロンのあるビルの上階)、ビリーズブートキャンプ注文しちゃおうかな…とか思ってたけど、寝てるだけで、サイズダウンできるなんて!こりゃ夢のようだ…

…って、ラクして引き締めるには、やはりコストがかかるようです。回数を重ねないと、効果も持続されないし、いざ通うとなると、それなりにまとまった金額(会員になって、チケット購入。10回チケットだと二十数万円なり〜)が必要なのよね〜。

1回のお試しで、これだけの結果… 続ければ、がっつり効果でるだろうな〜

「いついつまでにこれだけ引き締めなきゃ」って、しっかりした目標(必要性)がある人はいいかもしれないけど、会員制&ある程度まとまったチケット購入(つまり前払い)って、ちょっと気が進まないのよね〜。それに、気が向いたときに行きたい私みたいな気まぐれ屋さんにはこのシステムはちょっと向いてないカモ〜

とにかく、念願のエステ体験は、サイズダウンもうれしいけど、きもちヨカッタ〜♪ akiちゃん、ありがとですー!

温泉もいいけど、エステもいいもんだ〜♪
もうちょっとリーズナブルだったら、完全にハマるだろうな〜

冬山3

前回、前々回に引き続き…「八甲田の雪崩」に関することです。

------------------------
前々エントリー:冬山
前エントリー:冬山2
------------------------

前エントリー「冬山2」で、つらつらと記述したことが、あながち妄想でなかったのかもしれない…。
つまり、斜面上方にいたであろう人たち(救助にあたったという米国人ガイドおよび豪州ツアー一行)が、もしかしたら、雪崩のきっかけだったかもしれない…ということ。(あくまでも「かもしれない」のですが…)

3/5、青森県・県警・青森市がそろって、八甲田山雪崩救助の米国人ガイド サイモン氏および豪州ツアー一行を表彰したと知って、さらに、原因がはっきり報道されることがないまま、3/17にツアーが再開したことも、しっくりこなくて、なんか喉にささってる魚の小骨みたいに気になって仕方がなかった。

で、いろいろググってたら…

まさに、あの雪崩に巻き込まれた方のブログに行き着いてしまった。
あの雪崩で、旦那様が亡くなってしまった方の。

もう、胸が痛すぎて、なかなか読み進められなかった…。
ぶつけようのない感情のかたまりがこみあげきて…
他人の自分がそうなのだから、当事者である方達は、いったいどれほどの苦しみの中にいるのだろう…

その方は、自分は当事者であるから、ということもことわった上で、
さらに、「誰かを責めるため」に書いたものではない。と、しっかり明記した上で、
その時の状況を記述されています。

↓こちらのエントリーから
http://blogs.yahoo.co.jp/gearyroad78/29632705.html
ページ下部 [ 次の記事へ ]で順に読み進めるのがよいかと思います。

「雪山では加害者にも被害者にもなる可能性がある」
「同じ悲劇を繰り返さないためにも原因を知りたい」
と思っていた私ですが…

あらためて、報道のいい加減さに、憤りを感じずにいられませんでした。(ニュースや新聞記事って、鵜呑みにしちゃいけない。とは、思っていたけど、ほんとにひどい…。)

そして…
パートナーを突然の形で失われて、ほんとにお辛い中で、ブログにアップされたこと、その勇断に敬意を表さずにいられません。亡くなられたご主人様のご冥福をただお祈り致します。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

AD