« ホッカイシマエビ | トップページ | 桜温泉(さくらおんせん)@弘前市(旧岩木町) »

はまとんべつ温泉ウイング@北海道浜頓別町

北海道は浜頓別町に暮らす同期のzane-chinの「すごぉ〜く、いいお湯なんだよ〜」と言う言葉に釣られて、北海道に上陸した機会に足をのばしてみました。
道北の地は、やっぱりなにげに遠かったデス(^_^;)

白鳥(コハクチョウ)の飛来地として知られる クッチャロ湖畔に佇む新しめな施設。脱衣所や浴室は、北海道の温泉施設としてはそれほど広くないものの、ござっぱりしたいいかんじ。正面壁面が全面ガラスなので、眺望が so nice!シラカバの木立の向こうに、クッチャロ湖が望めます。
1_52_6

浴槽は、温泉使用のメイン浴槽と、真湯のバイブラバスとジェットバスと水風呂(サウナもあり)。この日は、気泡コーナーは、お休み(?)でした。
3_64_5

黄色みががかったお湯のメイン浴槽に浸かって一呼吸…「アレ?!石けん洗い流さないで入っちゃった???」と勘違いするほどのヌルツベ感。zane-chinが「トロンと葛湯みたいなお湯」って言ってたっけ…納得しながら浸かりました。肌にまとわりつく感じがなんとも不思議な湯触り。湯口のお湯は、ほのか〜にモール臭らしきものが感じられました。温度はどちらかというとぬるめ、だけど、非常に温まるお湯なので、ゆっくり浸かれてちょうどいい加減。お湯の色は全く違えども、この湯触り・無重力感は新屋温泉といい勝負。ステキ♪

メイン温泉浴槽では塩素臭は感じられませんでしたが、真湯浴槽(バイブラバスとジェットバス)の方は、きちんと塩素臭がしておりました。脱衣所の掲示には、

  1. 入浴に適した温度(42度)に保つため、加温(加熱)しています。
  2. 衛生管理のため、塩素系薬剤を使用しています。
  3. 温泉資源の保護と衛生管理のため循環ろ過装置を使用しています。
と、あったのですが、コレってバイブラとジェットバスのことだけ?温泉浴槽の方も循環&塩素投入なのかな?

北海道新聞の温泉情報ページによると「源泉を加温してかけ流し」となっていました。
http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/onsendata/1900.php

もしかしたら、掛け流し or 循環式を併用 してたりして???

《日中〜夜(立ち寄り入浴が多い時間帯)》
 =加温&循環&塩素投入
《深夜の清掃時間を経た朝の入浴タイム(宿泊客のみの時間帯)》
 =加温&掛け流し

…と、いうのも、朝入ったときには、前夜には全く見られなかった茶色い湯の花らしきものがフワフワ…それに、こまかく入浴可能時間が区切られている(朝は5:30〜8:30まで)のも、不思議だったりして。きちんと確認してくればヨカッタ…。

深夜は入れなくても仕方ないけど、朝はチェックアウトぎりぎりまでOKだといいのになぁ。

そうそう、浴室内に『別府温泉に次ぐ全国トップクラスの泉質!』だったか『別府に次いで日本で2番目の名湯』といった文句が、でかでかと掲示してあるのが、「確かにいいお湯だけど、その根拠と自信(笑)はいったいどこからくるのだろう…」と、浸かりながらちょっと笑えたのですが、炭酸水素イオン多量含有量が、国内トップレベルなんだとか。へ〜。あ〜、また入りたい。こんないいお湯のご近所だなんて、zane-chinが羨ましい…。毎日通っちゃうな…。お肌ツルツル系の一湯でした。

ちなみにtakubonは「お湯のにおいが昆布温泉に似てるよね」と言っておりました。

客室は、全室からクッチャロ湖が一望できるという、贅沢なロケーション。夕食はちょっとボリューム的に寂しい感じはしましたが、朝食はそれなり。公営の宿なのでアメニティ類は期待してませんでしたが、浴衣が一人2枚用意されていたのはよかったです(客室係が間違ったのかもしれませんが…)。

5_56_5

7_28_3

::::: 温泉データ :::::

値段:大人500円、小人250円
泉質:ナトリウム・塩化物・炭酸水素塩泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
温度:47.5℃(ph8.01)
浴槽:大浴槽・水風呂・サウナ・ジェットバス・バイブラバス
住所:北海道枝幸郡浜頓別町クッチャロ湖畔40
電話:01634-2-4141
時間:11:00〜21:00
休業日:年末年始のみ休館
駐車場:たっぷり(無料)
ドライヤー:あり
カラン:10程度(だったような…あまり多くはないです)
アメニティー:ボディーソープ、リンスインシャンプー
休憩所:有

入浴:2007年5月下旬
お気に入り度:★★★★☆


« ホッカイシマエビ | トップページ | 桜温泉(さくらおんせん)@弘前市(旧岩木町) »

温泉」カテゴリの記事

コメント

初めまして.はまとんべつ温泉ウィングの情報を集めようとしているうちに,こちらのブログにたどり着きました.温泉や食事に関してとてもわかりやすく書かれていて,感謝しています.客室に関してはいかがでしょう?洋室と和室の両方のタイプがあるのでしょうか?

■ジェイさん

はじめまして!コメントありがとうございます。

客室に関しては、この記事から時間もたってますので、直接お宿に聞いてみた方がよろしいかと思います(^_-)
ちなみに、当時、私たちが泊まったのは和室でしたが、ちゃんとお掃除も行き届いていて華美ではないものの、清潔感があって好印象なお部屋でした。

ただ、夕食は一番リーズナブルなコースにしたのですが、ちょっと(ほんとはかなり)物足りなかったです。海の幸がおいしいところなので、奮発してもよかったな〜と、後悔しました(^_^;)

町の方においしい居酒屋さんがあると聞いていたので、食後に繰り出したのですが、帰りは徒歩になりました(都会と違ってタクシーの営業が早々に終わってしまいます)。ウィングから繁華街まで徒歩20分ほどでしょうか…、歩けない距離じゃないのですが、クマがでることもあるので、注意が必要です…(もくもくと歩かず、賑やかに、話すか歌いながら歩けとアドバイスされました〜)

お部屋やお料理も含めて、お宿に相談してみたらいいと思いますよ!浜頓別滞在が満足いくものになるといいですね!

早速ご返事いただきありがとうございます.なるほど食事に関しても大変参考になりました.今後は,他の地域の温泉に行くときも,ブログ主さんの温泉記事を参考にさせていただきます!

■ジェイさん

こんな、いつ記すともわからないゆるゆるなブログにお越しいただいて、さらに「参考に…」していただけるなんて、恐縮です(^_^;)

よろしければ、また、お越し下さいませ〜

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6441/15765029

この記事へのトラックバック一覧です: はまとんべつ温泉ウイング@北海道浜頓別町:

» 大分県 別府温泉のシーサイドホテル美松 夏休みの宿予約 [九州の有名温泉に宿泊する]
今年の夏休みは別府温泉のシーサイドホテル美松に泊まりに行こう!!炭酸水素塩泉の天然温泉にゆっくりつかって日頃の疲れをいやしましょう!!夏休みの宿の予約は今のうちにすませちゃいましょう!!この記事のリンクからなら、プチセレブな別府温泉のシーサイドホテル美松がお得に予約可能です。長期休暇にリフレッシュしませんか?別府温泉のシーサイドホテル美松所在地大分県 別府市北浜3丁目14番...... [続きを読む]

« ホッカイシマエビ | トップページ | 桜温泉(さくらおんせん)@弘前市(旧岩木町) »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

AD