« Bluetooth:使用不可 | トップページ | ホッカイシマエビ »

なんぽろ温泉ハート&ハート@北海道南幌町

札幌在住の時には何度か行ったことがあった温泉。今回は宿泊利用してきました。

ここは、お風呂が、本館(日帰り入浴棟)と新館(宿泊棟)の2カ所にあります。以前はどちらかしか入浴できなかった(着替えて移動すれば入れたけど)のですが、すっぽんぽんでも移動できる渡り廊下ができてました。

■オフィシャルサイト:施設のご案内

まず、新館へ。浴室開けてビックリ!内湯がない!…と思ったら、温室のようにガラスで囲われた「ラドン泉」がひとつ。水道水を使った人工のラドン泉ということで、私の中では、これは温泉とは認められない(^^;) と、いうわけで、pon流に言えば、新館の湯船は露天1コ。

1_42_5

露天の湯船はなかなか広々。若干透度のある茶色いお湯に、赤茶色の湯の花がフワフワと浮いてました。湯触りはやわらかだけど温度は熱め。内湯が無くても「ま、いいか…。」という気分にはなる。けど、冬は内湯がないと厳しいな〜。

3_54_4

で、露天横から延びる渡り廊下から、本館へ。これが、かな〜り長いので、たどり着くまでに湯冷めしてしまう…。冬は厳しそう…(ちなみに夜間は閉鎖されてしまうようでした)

本館は、日帰り入浴のお客さんで、大変混雑してました。本館には大きめの内湯の他に、いろいろな浴槽があります。驚いたのが、週替わりの「香おり湯」。この日は、真ピンク色の「コエンザイムQ10」の湯でした。浴室全体にこの「香おり湯」から発せられるフローラル系の香りが充満しており、塩素臭も温泉臭も感じることができませんでした(^^;)

前は町営だったと記憶しているけど、今はどうやら民間運営のよう。

私的には、新館の露天風呂だけでOKな温泉…かな…。

ちなみに本館側にも露天があります。渡り廊下の途中に、4人も入ればいっぱいの大きな桶状の湯船。いつ通りかかっても満員御礼で結局入れずじまい…これを露天風呂…と言うにはちと無理があるかも〜(^^;)

人気の日帰り入浴施設で、いつ行っても混んでいてゆっくりできない…印象はやっぱり払拭されませんでした…。ま、遠路はるばる海渡って行った分もあるので、なおさらな感もあるのですが…(^^;)

露天と本館大浴槽は、湯温42℃と49℃の2本の源泉を混ぜ合わせて使用…だそうです。(加温&塩素投入もしているものの、循環ではないらしい…)

ちなみに夕食は海老づくし。内陸なのに、ナゼに海の幸?!と、思いましたが、はぼろ温泉が提携施設で、羽幌産のエビを直送してるんだとか。ボタンエビorホッカイシマエビ以外のエビって苦手なんだけど、これはなかなか美味でございました。
5_46_4

::::: 温泉データ :::::
値段:大人600円、子供(小学生以下)300円
源泉:湯温42℃と49℃の2種(200リットル/分)
泉質:ナトリウム-塩化物強塩泉
浴槽:本館(日帰り入浴棟)=内風呂大浴槽、打たせ湯、ジャグジー香り風呂(週替り)、サウナ、水風呂、露天(新館への渡り廊下の途中にある桶状のもの)/新館(宿泊棟)=ラドン風呂、露天風呂、サウナ、水風呂
住所:北海道空知郡南幌町南9線西15
電話:011-378-1126
時間:10:00〜22:00
駐車場:たっぷり(無料)
ドライヤー:あり(新館)
カラン:10ヶ程度(新館)
アメニティー:ボディーソープ、リンスインシャンプー(新館)
休憩所:有

入浴:2007年5月下旬
お気に入り度:★★☆☆☆

« Bluetooth:使用不可 | トップページ | ホッカイシマエビ »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6441/15747037

この記事へのトラックバック一覧です: なんぽろ温泉ハート&ハート@北海道南幌町:

« Bluetooth:使用不可 | トップページ | ホッカイシマエビ »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

AD