« 旅の記録:小岩井農場まきば園@雫石 | トップページ | 売るべきか…売らざるべきか… »

旅の記録:宮沢賢治の世界@花巻

雪道で、思った以上に道の流れが悪く、予定していた観光スポットは全部回れそうになかった…。ので、小岩井牧場の後は、「なめとこ山」でお蕎麦をいただき、向かいの坂を上って、宮沢賢治記念館だけ見ることに。

宮沢賢治記念館の駐車場脇には「注文の多い料理店(山猫軒)」が。お〜!
今度来たときは、ここですいとん(山猫定食)を食べたいわ…

NekoYamaneko

Neko2Neko3


この付近は宮沢賢治スポットがひしめいている。宮沢賢治記念館の他に、宮沢賢治童話村・イーハトーブ館があって、各施設の間を結ぶ遊歩道も整備されているらしい。その中には賢治の設計した「花壇」やら「日時計」なんかもあるんだとか…花の咲く季節にゆっくり散策しながら見て回るのがベストなんだろうな…

Kenji2Kenji


で、記念館。ぱっと入った感じは、思ったよりこぢんまりしてて、あんまり濃い展示ではなさげな印象だったけど、意外にまったり過ごしてしまった。宮沢賢治についてって、意外と知らなかったことを自覚する。企画展示が「フランドン農学校の豚」という童話だった。こんなお話もあったなんて、全然知らなかった。

実は、「雨ニモマケズ」「永訣の朝」といった有名どころの詩と、有名どころの童話をいくつかしか、知らなかったんだわ〜。絵も上手だし、音楽も嗜んだ人(作曲まで!)だったのね。まるっこい、かわいらしい字を書くのもちょっと驚き。プラチナポーク(白金豚)のネーミングは「フランドン農学校の豚」が由来だというのもビックリしました(^_^;)

イーハトーブ館も寄りたかったけど、いつのまにか、けっこうな時間をここで過ごしたらしく、お宿のチェックインの時間がせまっていたので、急いで下界へ降りました。

ちなみに、宮沢賢治の作品で一番好きなのは「やまなし」です。

 

« 旅の記録:小岩井農場まきば園@雫石 | トップページ | 売るべきか…売らざるべきか… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

プラチナポーク出てきましたか!!

結局食べ物の話にもってっちゃいますが
生産元直営(って知ったのはつい最近)のお店「ポパイ」お勧めです。

ここのハンバーグが気に入ってます。

■konさん
そうなんです!プラチナポーク、ず〜っと前から気になってまして…一度本場のプラチナポークを味わいたいと思っているのですが、今回の旅では口にできなかったんです〜。「ポパイ」のハンバーグですね!次回訪問時には「わさびラーメン」「らんめん」共々チェックした〜い!おいしい情報、いつもありがとうございます!!

岩手は宮沢賢治を始め、石川啄木、高村光太郎など文学的にもいろいろだし、食も多彩、歴史的観光地もあり、自然も豊か、おまけに交通の便も良いということで、いいところですなあ~!
青森県も都内からのアクセスがもう少し良くなれば、東北の奥座敷として最高の地なんですが・・・

■たいきさん
高村光太郎記念館(高村山荘)にもよって来ました。いつも岩手はAPPIどまりだったので、今回はじめて岩手観光して、見所の多さにびっくり!で、十和田湖の乙女の像の由来やら、賢治と棟方志功とのつながりとか、青森に関係するものが結構あって興味深かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6441/17375623

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の記録:宮沢賢治の世界@花巻:

« 旅の記録:小岩井農場まきば園@雫石 | トップページ | 売るべきか…売らざるべきか… »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

AD