« 旅の記録:マルトマ食堂@苫小牧 | トップページ | あれれ… »

門別温泉とねっこの湯@北海道

北海道の旅2008春、第1湯。

Mukawaホッキカレーの後、苫小牧周辺では入れる温泉がなかったので、歩を進めて鵡川へ向かう。道の駅「むかわ温泉四季の館」はAM10:00〜。ただいまAM9:00ちょいすぎ。まだ開いてない。残念。去年の北海道旅行(なんぽろ温泉はまとんべつ温泉)の帰りもここに寄ったのに、温泉には入れなかったんだった…どうもタイミングが合わない。どうやら、期間限定で朝風呂(AM6:00〜8:00)をやってるらしいです。更に歩を進めて日高方面へ。

国道235号線をたったか走り、沙流川を過ぎてややしばらく行くと、大きな看板とりっぱな施設が!

Tonekko1Tonekko2

1999年にオープンした町営の温泉施設「とねっこの湯」。「とねっこ」は子馬のことだそう。予想してたのと違うセンター系の立派な外観(ぱっと見、道の駅のよう)にちょっとビックリ。

オープン5分前に到着、開館時すでにたくさんの人。ご高齢の方が多いようですが、若い方も…老若男女が集う人気の温泉のようです。平日の朝風呂でこんなににぎわってるなんて、この辺の方達が羨ましい。館内は広く明るく、ホテルのロビーのような趣。お土産屋さんやレストランもあります。

Tonekko3Tonekko4

脱衣所も広々。掲示物を確認して、いざ浴室へ!

Tonekko5Tonekko6

いろいろな湯船があって、目移りしちゃう。月替わりで効果が楽しめる薬湯(アロエ、菖蒲、ばら等)がありますが、温泉に浸かりにきたので、メイン浴槽&露天へ。

やや赤みがかったコーヒー色のお湯。「あたしの好きなモール泉かしら♪」と期待が高まりましたが、モール泉ではないよう。モール臭やぬるツベ感はなく、さらっといった感じの湯触り。なんの香りかな…表現しにくいけど、ちょっと薬っぽいような温泉臭がします。湯上がりしっとりで大満足な一湯でした。

館内は完全バリアフリーで、手すりや腰掛けなど、細かい配慮がいたるところにあります。要介護身障者向けの個室浴場も整備されているとか。隣には、歩行用専用プールやトレーニングマシンが利用できる運動指導室完備のスポーツ施設が併設されています。なんかいいな、門別町(現在は合併されて「日高町」になっています)。


::::: 温泉データ :::::
値段:500円
泉質:トリウム塩化物泉(低張性弱アルカリ性低温泉)、ph8.8、湧出量480L/分
温度:湧出温度32.2℃
浴槽:内湯・薬湯・バイブラ・寝湯・サウナ・水風呂・露天
住所:北海道沙流郡日高町字富浜223番地140
電話:01456-3-4126
営業時間:10時〜22時(21時30分受付終了)
休業日:第3月曜休(祝日の場合は翌日休)
駐車場:あり
ドライヤー:あり
カラン:そこそこたくさん
アメニティー:シャンプー、リンス、ボディソープ
休憩所:有

入浴:2008年5月
お気に入り度:★★★☆☆

 

« 旅の記録:マルトマ食堂@苫小牧 | トップページ | あれれ… »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6441/41492255

この記事へのトラックバック一覧です: 門別温泉とねっこの湯@北海道:

« 旅の記録:マルトマ食堂@苫小牧 | トップページ | あれれ… »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

AD