« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

八甲田で出会ったもの(秋)

先日ヘビさんに出会ってから数日後、また八甲田へ行ってきました。今回は酸ケ湯で湯治。温泉であたためながらストレッチするのが効果的と聞いて、捻挫のリハビリかねて連泊してきました。可動域がなかなか元通りにならないので、階段降りるのがまだしんどい。しかし…寒い…数日前まで汗ばむような気温だったのに、いきなり秋です。まだ8月なのに気温は10度前後…。湯治中のおばあちゃんが「わしが生きてきたなかでも、こんなに寒い8月はない」と仰ってました。ほんと寒かった…。酸ケ湯ではストーブついてました。

さてさて、そんな寒い中、ちょっと天候が回復した隙を見て、周辺を散策。お花はけなげに咲いておりました。風が強くてなかなかうまくカメラに収めることができなかった…ぶれまくりでしたが、かろうじで見れる写真をいくつか。

■ウツボグサ(靫草)
Photo

↑酸ヶ湯インフォメーションセンター付近の日の当る道ばたにて撮影。茎は四角で高さ30cm位。
シソ科の多年草で、別名「夏枯草(カゴソウ)」。花の後の枯れた穂は、利尿、消炎作用があり、腫物、浮腫、腎臓炎、膀胱炎などに用いるんだとか。日本薬局方にある生薬。

[用い方]
褐色になった花穂のみを採取して日干しにし、よく乾燥させたものが生薬。
消炎性の利尿剤として…1日量10グラムに、0.5リットルの水を入れて、煎じながら約半量まで、煮詰めたものをこして、3回に分けて食間に服用します。タンニンが多いので長期間連用すると胃を刺激するために、胃弱の人は注意が必要。口内炎、へんとう炎の外用には、3~5グラムを、0.3リットルの水で煎じ、煎汁でうがいをします。刻んで適当量の水を加えて、沸騰したら火をおとして、お茶代わりに飲用してもよいらしい。打撲傷などの患部には、生の葉を潰して(または葉を煎じて)塗る。

おぉ〜!山歩きで捻挫したり怪我したら、このウツボグサの葉っぱを潰して塗ればいいのね!


■ノリウツギ(糊空木)
Photo_2
↑三十三観音付近にて撮影。アジサイ属の落葉低木。花は枯れてからも茶色くなって残るんだそうです。で、この花にまつわる昔話…ある若者が美しい娘に恋をした。娘から「この花が散るときがきたら…」と返事され、待ち焦がれていたものの、花は枯れ果てても散らず、恋は実らなかったとか…。
北海道では「サビタの花」と呼ばれているらしい。昔々、紙を漉く際の糊にこの樹液を利用したため、この名がついたそうです。

ただ花を咲かしてるだけじゃない、いろいろ役に立つ植物達でした。

八甲田で出会ったもの(夏)

捻挫はかなりよくなったけど、バリバリ全快とはなかなか言いがたい状況…。ちょっとした段差にひっかかること数回…そのたび腫れては湿布してなるべく動かさないようにして治って…。で、動き始めると…の繰り返し。takubonや、捻挫経験者の先輩達に忠告されていた通りになってます…

この期間が難しいんだろうな…。痛みもひいて見た目は大丈夫そうなんですが、思ったように動かない。ので、思いがけないようなところで、引っ掛けたり、つまづいたり…。きちんとリハビリして元の状態に戻さないといけないんだろうけど…通ってた病院ではリハビリまでは面倒見てくれなかった…「(長い時間固定してたから)動かないのは当たり前。徐々に動かして慣らしていってください。」と言われたものの、動かないものをどう動かしていいのかわかんないくらい動かない(^_^;)

で、リハビリかねて、ちょっと散歩にいってきました。夏の八甲田。って言っても、トレッキングはまだ無理なので、地獄沼周辺をちょこっと。地獄沼のミルクブルーの湖面に空が映ってキレイ!
Jigokunuma_2

で、ヘビさんに遭遇!!2メートル弱ぐらいかな。木陰になったところで枝に巻き付いて涼んでいらっしゃいました。お休みのところ申し訳ないな〜と思いながらこっそり撮影。 つぶらな黒い瞳がSo Cute!!
Hebi1_2

Hebi2

この大ヘビさんに出会う前に、すっごくカラフルな生物に遭遇!シャボン玉みたいなキラキラ色のストライプ模様の背中が印象的な、10cmくらいの生物。あまりにキレイで見とれたのもありますが、ものすごく素早くてカメラに収めることができませんでした。イモリとかヤモリの類かな…と思ってたのですが、takubonによると「かなへび」ではないかと…また逢いたいな!

 

ブリキの木こり

捻挫して1ヶ月。松葉杖がはずれて2週間。
ようやく医者から「もう動かして大丈夫。」とお墨付き(?)をいただきました。長かった…
「あとはゆっくり動かして徐々に慣らしていってください。」とのこと。

痛みはもうないのですが、…うまく歩けない。足首の関節が動かないんです。オズの魔法使いに出てくるブリキの木こりのよう。「誰かこの関節に油を注してくださ〜い!」と叫びたい気分。
足の指も…開いたり握ったりが、まったく出来ない。すねもふくらはぎもなにもかも、捻挫した足の筋肉や靭帯、組織すべてが退化してしまってる感じ…。階段を下りるのがキビシ〜。

ちょっと長く立っていたり、少し歩いたりすると、くるぶし付近がピシピシと軋んで、もう足全体が痛ダルくなってきて…日常生活には支障はないけど、まだまだ元通りというか、ガンガン歩ける!とはいきません。

で、takubonのススメもあって、酸ケ湯にてプチ湯治。腫れが引いて、痛みが治まったので、あたためながらリハビリをしてきました。

ゆ〜っくり、お湯の中で足の指を開いたり閉じたり、足の甲をそらしたり伸ばしたり。いや、どの動作も、見た目には動いてなくて、足先見つめてぷるぷるしてるだけなんだけど…。3回目の入浴の頃には、徐々に動くようになってきた!って、いうか足先に動かそうとする力を感じられる。おぉ〜!!!

寝て起きて、朝、トイレに行ったら、なんだか足もとが軽い…。寝ぼけながら、この軽やかさはなんだろ…としばらく考えて………ビックリ!ビッコ引かずに歩けてました。

今まで何度も宿泊して(宿泊しないと千人風呂にゆっくり入れないから)良い湯だなと思ってたけど、今回ほどスゴい湯だと実感したことはないです。これが温泉療法というものなのでしょうか。

腰の曲がったおばあちゃんが、長湯治して帰るころには、シャキっと腰が伸びてる…という話を何度か聞きましたが、ホントだわ。

でも、そのあと、帰ってきて座りっぱなしで仕事してたら、またビッコ歩きに戻ってしまった…血行をよくすることが大事なんだな…。

※捻挫したとき、患部をあたためるのは回復期には効果的かもしれませんが、急性期(捻挫したばかりの時)には当てはまりません。温泉療法やリハビリは、きちんとお医者さんに相談して行うことをおすすめします。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

AD