« 八甲田で出会ったもの(夏) | トップページ | 広瀬正「マイナス・ゼロ」 »

八甲田で出会ったもの(秋)

先日ヘビさんに出会ってから数日後、また八甲田へ行ってきました。今回は酸ケ湯で湯治。温泉であたためながらストレッチするのが効果的と聞いて、捻挫のリハビリかねて連泊してきました。可動域がなかなか元通りにならないので、階段降りるのがまだしんどい。しかし…寒い…数日前まで汗ばむような気温だったのに、いきなり秋です。まだ8月なのに気温は10度前後…。湯治中のおばあちゃんが「わしが生きてきたなかでも、こんなに寒い8月はない」と仰ってました。ほんと寒かった…。酸ケ湯ではストーブついてました。

さてさて、そんな寒い中、ちょっと天候が回復した隙を見て、周辺を散策。お花はけなげに咲いておりました。風が強くてなかなかうまくカメラに収めることができなかった…ぶれまくりでしたが、かろうじで見れる写真をいくつか。

■ウツボグサ(靫草)
Photo

↑酸ヶ湯インフォメーションセンター付近の日の当る道ばたにて撮影。茎は四角で高さ30cm位。
シソ科の多年草で、別名「夏枯草(カゴソウ)」。花の後の枯れた穂は、利尿、消炎作用があり、腫物、浮腫、腎臓炎、膀胱炎などに用いるんだとか。日本薬局方にある生薬。

[用い方]
褐色になった花穂のみを採取して日干しにし、よく乾燥させたものが生薬。
消炎性の利尿剤として…1日量10グラムに、0.5リットルの水を入れて、煎じながら約半量まで、煮詰めたものをこして、3回に分けて食間に服用します。タンニンが多いので長期間連用すると胃を刺激するために、胃弱の人は注意が必要。口内炎、へんとう炎の外用には、3~5グラムを、0.3リットルの水で煎じ、煎汁でうがいをします。刻んで適当量の水を加えて、沸騰したら火をおとして、お茶代わりに飲用してもよいらしい。打撲傷などの患部には、生の葉を潰して(または葉を煎じて)塗る。

おぉ〜!山歩きで捻挫したり怪我したら、このウツボグサの葉っぱを潰して塗ればいいのね!


■ノリウツギ(糊空木)
Photo_2
↑三十三観音付近にて撮影。アジサイ属の落葉低木。花は枯れてからも茶色くなって残るんだそうです。で、この花にまつわる昔話…ある若者が美しい娘に恋をした。娘から「この花が散るときがきたら…」と返事され、待ち焦がれていたものの、花は枯れ果てても散らず、恋は実らなかったとか…。
北海道では「サビタの花」と呼ばれているらしい。昔々、紙を漉く際の糊にこの樹液を利用したため、この名がついたそうです。

ただ花を咲かしてるだけじゃない、いろいろ役に立つ植物達でした。

« 八甲田で出会ったもの(夏) | トップページ | 広瀬正「マイナス・ゼロ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6441/42275617

この記事へのトラックバック一覧です: 八甲田で出会ったもの(秋):

« 八甲田で出会ったもの(夏) | トップページ | 広瀬正「マイナス・ゼロ」 »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

AD