« 2015年1月 | トップページ | 2015年5月 »

テトぐるみ

何年も前に takubon からリクエストされていた「テトぐるみ」をつくってみました。

0


「テトぐるみ」とは、テトラポットのぬいぐるみ、買うと3200円(ミドルサイズ)。これは材料費200円(笑)

ミシンでちゃっちゃと縫うつもりだったけれど、曲線や入り組んだ部分が多くて、結局ほぼ手縫いになった。所要時間3時間程度。

takubonはもっと沢山ほしいらしい。クッションがわりにソファにわらわらと置きたいと。消波ブロックなのに1個だけって、あんまり画にならないものね。ま、わかるけど(^^;)


以下、次回量産するにあたっての自分用メモ

1)100均のフェルトだと毛羽立ちが気になる。もっとしっかりした素材がベター。PAの防音とかで使うやつとか、薄いパンチカーペットとか、要検討

2)100均のわた1個だとたよりない。もっとたっぷりぎっしり入れて、みっちりどっしりとした質感にしたい。

3)takubonはもっと濃い色が希望らしい(経年変化コンクリート色)

4)デカとかギガのサイズだと、ミシンでいけるかも…

5)手順:筒状に縫って円を取り付けて、最後に4つつないで綿を入れて、おへそで閉じる…よりも、筒の直線の一部を1つ縫わずにあけておいて、4つつないだ後、あけておいた直線部分から綿を入れ最後に閉じる…のがよいと思う。


型紙は、以下にて無料で公開されているものを、使用させていただきました。感謝!!
http://mcguffin.seesaa.net/article/139979177.html


数年前に王余魚沢倶楽部で見たとき、買っちゃおうかな…とも思ったけど、自分でつくると愛着もひとしおでした(^^)


豪雪の秘湯

週刊文春2月5日号の「ぶらりわが街 大人の散歩」温泉編(p.83)で、酸ケ湯温泉が紹介されていた☆

豪雪の秘湯…秘湯というわりにはあけっぴろげな感じが否めない温泉施設かなと思うれど、豪雪は確かに(笑)(私の秘湯のイメージは…古遠部温泉とかかな・笑)

八甲田はオールシーズンいいところ。みどころもたくさん。
樹氷を縫って滑るスキー、雪の回廊のドライブ、ぶなの新緑、高山植物のお花畑、盛夏も涼しく、秋は見事な紅葉…

どの季節も好きだけれど、温泉を堪能するなら厳冬期が一番。白濁した硫黄泉ともうもうと立ち上る湯気。高い天井にヒバの香り。ちょっとぬるめだけれどものすごくよく暖まる「熱湯(ねつのゆ)」は、下からボコボコ源泉が湧いてくるのがくすぐったくて楽しい。

スキーや登山後の温泉もいいけれど、何にもしない、ただぼーっと浸かりに、行きたいなぁ…

« 2015年1月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

AD