山の神へご挨拶に

南八甲田に、「山の神」と呼ばれているブナの巨木があります。幹周り601mで、日本一と認定されている木です。

001

毎年、山遊びをするシーズンはじめに、この「山の神」にご挨拶しに行きます。「いつもありがとうございます。また、今年も山で遊ばせてもらいます。どうぞよろしくお願いします。」と。

今年も、怪我なく楽しくお散歩できますように。熊さんに遭遇しませんように…

003

もう、オオカメノキの花が咲いていました。

002

ここ数年、何度か八甲田大岳への登頂を果たして、少し感覚がつかめてきた。今シーズンも、いい時季に大岳登頂できますように。北八甲田の縦走ルートにも挑戦してみたいナ。

(撮影:スマホ SH-01G)

テトぐるみ

何年も前に takubon からリクエストされていた「テトぐるみ」をつくってみました。

0


「テトぐるみ」とは、テトラポットのぬいぐるみ、買うと3200円(ミドルサイズ)。これは材料費200円(笑)

ミシンでちゃっちゃと縫うつもりだったけれど、曲線や入り組んだ部分が多くて、結局ほぼ手縫いになった。所要時間3時間程度。

takubonはもっと沢山ほしいらしい。クッションがわりにソファにわらわらと置きたいと。消波ブロックなのに1個だけって、あんまり画にならないものね。ま、わかるけど(^^;)


以下、次回量産するにあたっての自分用メモ

1)100均のフェルトだと毛羽立ちが気になる。もっとしっかりした素材がベター。PAの防音とかで使うやつとか、薄いパンチカーペットとか、要検討

2)100均のわた1個だとたよりない。もっとたっぷりぎっしり入れて、みっちりどっしりとした質感にしたい。

3)takubonはもっと濃い色が希望らしい(経年変化コンクリート色)

4)デカとかギガのサイズだと、ミシンでいけるかも…

5)手順:筒状に縫って円を取り付けて、最後に4つつないで綿を入れて、おへそで閉じる…よりも、筒の直線の一部を1つ縫わずにあけておいて、4つつないだ後、あけておいた直線部分から綿を入れ最後に閉じる…のがよいと思う。


型紙は、以下にて無料で公開されているものを、使用させていただきました。感謝!!
http://mcguffin.seesaa.net/article/139979177.html


数年前に王余魚沢倶楽部で見たとき、買っちゃおうかな…とも思ったけど、自分でつくると愛着もひとしおでした(^^)


青と白の萱野高原

昨日の萱野高原、takubon撮影の写真です↓

Imp

すばらしい景色!!久しぶりの陽光。
こうやってみると、市街地の方が雪が多いみたい(^^;)

ごぶさたしておりました〜

気がつけば2015年(笑)。前回の更新からかなり久しぶりのエントリーです(^^;)

1

↑写真は、最近入手したお気に入り。 お酒を入れるとシロクマの熊五郎がお風呂に浸かってるように見えるお猪口。ちなみにお酒は「豊盃 大寒仕込 純米大吟醸」。今季も大変おいしゅうございました。

温泉備忘録というブログのわりに、ここ2〜3年は、気に入っている温泉をあどはだる(※)ことが多く、県内は、主に酸ケ湯温泉とたらぽっき温泉(青森市)、蔦温泉(十和田市)、桜ヶ丘温泉(弘前市)、東北温泉(東北町)、あたりをリピートしています。その他、念願だった草津や、大好きな登別、リゾートな虎杖浜、おなじみの定山渓、お隣の秋田や岩手の温泉もちょこちょこといった感じで、たまに遠出したりなんかも。

さてさて、ここ数年の近郊の温泉事情ですが、新しくできた温泉施設がある一方、残念ながら廃業してしまった温泉も…

温川山荘(平川市)や日影温泉(秋田県大館市)などの老舗の閉館は、非常に残念です(T_T) そういえば、どちらも混浴露天のある温泉だ!秘湯感あふれる源泉掛け流しの温泉宿が減ってしまって、寂しい限り。


今年は、初心(?)にかえり、このブログもぼちぼち記していこうかな…と思っておりまーす(^^)/


※あどはだる:津軽弁で「アンコール・おかわり・もう一度ねだる」の意。

春の八甲田:ニオイコブシ(タムシバ)

里は初夏を迎えようというところですが、八甲田の山には春がやってきています。

林間にちらちらと見える白い花は、ニオイコブシ(タムシバ)。白い花が青空と新緑に映えますねー。

1

コブシよりも一回り小さい印象。

2

ニオイコブシという名がつくくらいですからきっといい香りがするのでしょうが、風向きのせいか、よくわかりませんでした(^_^;)

でも、帰ってきて調べたら、なんと、香るのは花ではなく葉の方らしいsign02
葉をもむとよい香りがするんだそうです。へぇ〜〜〜〜

さらに、葉は噛むとキシリトールのような甘味がするので「カムシバ(噛む柴)」と呼ばれ、それが転じて「タムシバ」になったんだとか…。

葉より花が先なんて、なんだかせっかちな木ですねぇ。今はまだ葉っぱは芽吹いてませんが、葉が芽吹いたら、香りを嗅いで(&こっそりかじって)みたいなーと思います(^o^)/

八甲田スキー2011冬

いつもは春にしか行かない八甲田に、スキーに行ってきました。前日「明日は八甲田最高だと思うから、スキー出して準備しておいて。」とtakubonからのメール。物置にたどり着くまでが大変…こんなに雪が降り積もる前に出しておけばよかった…と激しく後悔(^_^;)

お正月あけからずーっと降りっぱなしの毎日ですが、この日は久方ぶりに陽光が拝めるよい天気。厳冬期なのに無風のおだやかな山頂。雲一つない真っ青な空。軽くてまふまふの雪。最高!

Hakkoudaski_5

樹氷もよく育ってました。今シーズン初スキーなので欲張らずにダイレクトコースをさくっと2本。

山頂からは、岩木山も白神山地も、津軽半島も下北半島まで!よーく見えました。ほんとに厳冬期にこんな穏やかな八甲田は奇跡的。平日だからロープウェーも空いてるし、ほんとにナイスコンディションでした。

秋の八甲田2009

先週の金曜日(9/25)の下毛無岱の様子です。

Kenasi_2


今週がちょうど見頃と思われます。お天気がよかったら、八甲田へGO!ですね(^-^)/


ちなみに、その1週間前(9/17)は↓こんな感じでした。

Kenasi2


1週間で、色濃く秋が深まりました。
雪降る前に、もう1回くらい登っておきたいところです…

八甲田スキー

3月上旬、takubonがお休みの日にたまたまお天気がよかったので、八甲田にスキーに行ってきました。ほぼ無風のおだやかな山頂。こんなに風がないのは珍しいのだとか…

1


雲ひとつない晴天。青い空と白い雪がまぶしい〜。朝一の1本目は、雪も軽くフカフカで、最高のコンディション!樹氷の間を、ウキャウキャ言いながら、takubon滑降。

2

雪の華みたいでしょ?!↓ 「title:しだれ雪桜」

3_2

午後になると、空の色が濃く深くなります。


この日のロープウェーは、午前中に2本、午後1本滑った。今シーズン初スキーだったのに、あんまり気持いいから欲張っちゃって…翌日は筋肉痛…。

山頂でジンギスカンも食べて、春の八甲田を堪能しました〜o(*^▽^*)o

旅の記録:沖縄2008秋(旨かったもの編)

沖縄旅行、いろいろ食べましたが、「ウマ〜い!」と感激したものをいくつか…

まず、オリオンビール名護工場のできたて生ビール!

Photo

工場見学(要予約)の最後にいただけるのですが、今まで飲んだ中でも一番うまいと思えるくらいの生ビールでした。一口、口に入ったら、もう止められない、止まらない(笑)。沖縄滞在中、いろんな飲食店(や空港のラウンジもオリオン生だった)でオリオン生ビールをいただきましたが、違う!!いや〜、ビックリした。

次は…「首里そば」!

Photo_2

売り切れ次第閉店という、沖縄そばの人気店。到着したときには、外まで長蛇の列でした。これまたウマかった〜。

次は…「アテモヤ」!

Photo_3

はじめて食べましたが、とっても甘くておいしかった。「森のアイスクリーム」とも呼ばれてるらしいです。お取り寄せしても食べたい…くらい。

で、「海ぶどう」もおいしかった♪

Photo_4

どこにいってもノンオイルしそドレッシングが添えられてきましたが、そのままの塩気でいただくのが好み。

帰って来てもうかなり経ちますが、お天気がいまいちだったこともあり、takubonと「リベンジしよう!今度はどこに何食べに行く?」と、ガイドブック片手に晩酌する日々…coldsweats01

いつ行けるかわかりませんが、そのときまで、じっくりプランをねりつつ反芻しながら楽しみたいと思います(^-^;)

旅の記録:沖縄2008秋(水族館編)

今回のメイン「沖縄美ら海水族館」にて。

■入り口:あいにくの雨
Photo

■水面:館内に入ってすぐのサンゴ水槽。外が雨なので水面に水紋が…
Photo_2

■「熱帯魚の海」水槽:アオブダイ
Photo_5

ぶ厚いくちびるがラブリー♪


■「黒潮の海」水槽:ジンベイザメ
Photo_3

■「黒潮の海」水槽:マンタ
Photo_4

「黒潮の海」水槽の前には、ベンチがあって、座って眺めてると平気で何時間でもいれそうなくらい面白い。横にはカフェもあって、飲食しながら眺めることもできます。ジンベイザメはものすごく大きくて見応えあります。takubonはマンタの頭にあるヒレが気に入ったらしい。方向転換するときの動きがカワイイと言っておりました。あと、カツオとかマグロとかがビュンビュン泳いでるのも見応えありました。

その他、イルカ(人口ひれのフジもいる。時間の都合上会えませんでしたが…)やマナティ、ウミガメにも会えます。

美ら海水族館のある海洋博公園内には「熱帯ドリームセンター」という植物園もあるらしい…。きっと、沖縄のお花がいっぱいの植物園なんだろうな。行きたかった…

また今度、ゆっくり行きたいものです。

より以前の記事一覧

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

AD